エストゥディアンテスからコパ・アメリカへ:「el Tucu」がどのようにインテル選手になったのか

エストゥディアンテスからコパ・アメリカへ:「EL TUCU」がどのようにインテル選手になったのか

ネラッズーリの新戦力、ホアキン・コレアの物語

サッカーは夢と希望です。しかし、夢を追うには高額の費用がかかる可能性があります。それは、家を出て、家族から離れ、11歳でママとパパを置き去りにする場合があります。最高なチャンスかもしれないが11歳のとき、家を恋しく思うのは許される。

1994年8月13日に生まれたホアキン・コレアは彼がわずか11歳のときにリバー・プレートから電話が来た。そのため、彼は故郷のフアン・バウティスタ・アルベルディを離れた。この都市は、アルゼンチンで最も有名な知識人の1人にちなんで名付けられた都市で、トゥクマン州にある。

たった一シーズン後、彼は再び家に帰った。しかし、それで終わりではなかった。プロのサッカー選手になるという夢は大きすぎたから。

ロザリオのレナト・セサリーニ・サッカースクールでは、ホアキンに何か特別なものがあることが誰もが知ってた。彼はエストゥディアンテ・スデラプラタの注目を集め、それはトゥクのすべての始まりであった。彼が生まれた地域に基づくニックネームである。2006年から2011年の間に、ホアキンは元インテルのスターでアルゼンチンの伝説のフアン・セバスティアン・ベロンがまだプレーしていたクラブであるエストゥディアンテスでランクを上げた。 

彼はわずか17歳でデビューを果たした。2012年5月19日、コレアはバンフィールドに3-0で勝利し、ドゥバン・サパタと交代出場したときに正式にベロンのチームメイトになった。トゥクは、ヨーロッパ、サンプドリアに向かう前に、エストディアンテスで4年間過ごしました。ブルセルキアーティで18か月間過ごした後、コレアはセビージャと契約した。セビージャ時代で、初めてアルゼンチン代表を果たした。

それからローマとラツィオがやってきた。トゥクは優れており、シーズンごとにゴールリターンを向上させた。初年は9ゴール、次の年は10ゴール、最後のキャンペーンでは11ゴールを決めた。彼がラツィオで得点した30ゴールの中でおそらく最も重要なのは、2019年のアタランタ戦の2-0コッパ・イタリア決勝ゴールでしょう。合計で、コレアはラツィオに117回出場し、途中でアルゼンチンから定期的に電話を受けた。

2020年10月、彼はラ・パスでのワールドカップ予選で歴史的なゴールを決め、ボリビアに対するアルゼンチンの2-1の勝利を締めくくりました。これは、ボリビアでの15年ぶりの勝利であった。ラウタロと共に2人のフォワードは2021年の夏にコパアメリカ優勝を味わったチームの一部でした。

今、ホアキンは彼の夢を続ける準備ができています。象徴的な黒と青を身に着け、2013年に彼がかつて訪れたトレーニングピッチに取り組んでいます。今がその時です。ホアキンコレアはインテル選手です。

ようこそ、ホアキン。


Versione Italiana  Versión Española  Versi Bahasa Indonesia  English Version 

タグ: correa
Load More