インテルvボローニャ 面白い事実 | ジェコの2ゴール、ヘッダー、ラウタロとバレッラの好調ぶりが続く

インテルVボローニャ 面白い事実 | ジェコの2ゴール、ヘッダー、ラウタロとバレッラの好調ぶりが続く

ボローニャ戦からの統計と面白い事実

ミラノ– 9月のトリッキーなスタートから、インテルは卓越したチームパフォーマンスでボローニャを見送り、勝利の道へと戻った。試合は6ゴール、5得点者、そして数多くの素晴らしい個人プレーが披露され、最も重要なことは、ネッラズーリが3つの貴重なポイントを獲得、キャンペーンに4試合で合計10ポイント獲得した。

勢い

ラウタロ・マルティネスは、セリエAでのキャリア初の4試合連続ゴールを果たした。昨シーズンのウディネーゼとの最終戦から始まり、エラス・ヴェローナ、サンプドリア、ボローニャの得点で今シーズンと勢いが続く。チーム全体も​​一貫性を示しており、過去23回のセリエAゲームで毎回ネットを揺らがしている。この偉業は、1950年にネッラズーリが25試合連続得点を記録したときについで2番目の記録だ。サンシーロは、他チームが恐れる場所になった。インテルは、過去5回のセリエAホームゲームで少なくとも3ゴールを記録した。これは、2011年に6試合連続のホームでゴールを記録して以来の実績である。

ジェコのドッピオ

途中出場にもかかわらず、エディン・ジェコはホアキン・コレアに交代した後、ショーのスターの1人になり、ネッラズーリでの初ドッピオ、セリエAでの17回目のダブルゴールを記録した。ジェコはセリエAで前回ドッピオを記録したのは、2020年10月にベネヴェントと対戦した時だった。

4試合で15ゴール、9人の得点者

ボローニャに6ゴール決めてから、インテルの「得点数」は、キャンペーン開始4試合でカウンターが15となった。以下の9名の選手の間で共有されています:エディン・ジェコ(3)ラウタロ・マルティネス(3)、ミラン・シュクリニアル(2)、ホアキン・コレア(2)、アルトゥーロ・ビダル(1)、ハカン・チャルハノール(1)、フェデリコ・ディマルコ(1) 、マティアス・ベシーノ(1)、二コロ・バレッラ(1)。

バレッラ絶好調、シュクリニアルまたもディング・ゴール

ニコロ・バレッラは、彼のセリエA過去4試合でそれぞれでゴールに関与しており、彼の史上最高の成績である。ミラン・シュクリニアルはボローニャとの今シーズン2点目のゴールを記録した。スロバキア代表DFは過去7ゴールのうち6ゴールがヘッダーとなった。


中文版  Versi Bahasa Indonesia  Versión Española  Versione Italiana  English Version 

Load More