FCインテルナツィオナーレ・ミラノの取締役会が2020/2021年の財務諸表を承認

FCインテルナツィオナーレ・ミラノの取締役会が2020/2021年の財務諸表を承認

Covid-19のパンデミックによって引き起こされた状況の中で、取締役会は2021年6月30日現在の連結財務諸表を承認した。 今シーズンは復興の傾向がみられる。

ミラノ - F.C. Internazionale Milano S.p.A.の取締役会は、2020/2021年の連結決算を承認しました。結果はF.C.に提出されます。 10月末までに承認を求めるInternazionaleS.p.A。株主総会。
 

財務諸表

2020/2021会計年度は、イタリアと世界全体的にでのCovid-19パンデミックの社会経済的影響と、公衆衛生と生産活動を保護するために採用された制限措置の影響を大きく受けた。

連結売上高は3億6,470万ユーロ。会計年度は2億4,560万ユーロの損失を記録したが、そのほとんどは、Covid-19の影響でスタジアム閉鎖のマッチデー収入の完全な欠如(スタジアムが3月上旬に閉鎖された2020年と比較して)。
また、クラブの特典を提供できないためスポンサー契約の減少によるものの上、選手トランスファー市場の停滞もかかわった。
 

シーズンマイルストーン

作シーズン、インテルがクラブとそのすべてのファンが11年間待ち望んでいた19回目のスクデットを獲得で締めくくられた。

2020/2021シーズンは、クラブの新しい紋章と新しい視覚的アイデンティティの立ち上げにおいて、クラブの遺産の2つの基盤であるインテルナツィオナーレとミラノを合理化および強化するというもう1つの大きなマイルストーンを達成。
再設計により、革新的でモダンなデジタルスタイルが提供され、新世代とつながり、文化やライフスタイルとより簡単に融合できるようになった。

今シーズンの見通し
 

クラブは、財政の安定を確保することと、フィールドで競争力のあるチームを維持することの2つの主要な目的でリバランスポリシーを迅速に開始した。

夏の移籍市場事業は、持続可能性への道にプラスの経済的影響をもたらした。経験豊富な国際的なプレーヤーの署名と才能のあるアカデミーの卒業生は、高レベルのフィールドパフォーマンスを維持するための推進力の一部だ。

クラブの戦略は、クラブを発展させるために適切なリソースを投資し続けながら、変化する状況にビジネスを迅速に適応させることを目的として、コストの監視に焦点を合わせている。

主な結果の1つは、スポンサーシップの価値が大幅に増加したことだ。 Socios.comとDigitalBitsの登場、およびLenovoのポジショニングのアップグレードは、クラブの絶えず成長している世界的な魅力を証明した。

スタジアムはまだ完全キャパシティに戻っていないが、部分的に再開することで、クラブは再び重要な収入源を利用できるようになる。


English Version  中文版  Versión Española  Versione Italiana  Versi Bahasa Indonesia 

タグ: クラブ
Load More