インテル スタッツ | サッスオーロでのカムバック勝利の数字

インテル スタッツ | サッスオーロでのカムバック勝利の数字

マペイ・スタジアムでの勝利後、ネラッズーリは最大17ポイントを獲得し、22ゴールを記録した。

ミラノ – インテルのサッスオーロ戦でのカムバック勝利は、シーズン最初の7試合で5勝2引き分け、22得点で失点8、今シーズンこれまでのところチームを17ポイント獲得した。今回はエディン・ジェコとラウタロ・マルティネスがゴールを決めた。

ジェコ:33秒でベンチからゴール

ジェコはゲームを好転させる立役者だった。出場してわずか33秒後、彼はネラッズーリとしての6得点目を挙げた。彼は、インテルのシーズン最初の7試合で少なくとも6ゴールを記録している。これは1997/98年、ロナウド が達成した記録以来の偉業である。昨年4月にアルバロ・モラタがフィオレンティーナと33秒後に得点を挙げて以来、ジェコのゴールはセリエAの交代選手による最速でもある。ネラッズーリのFWは、2017年10月にローマに5試合連続ゴールして以来、初めてセリエAの4試合連続ゴールを果たした。

クールラウタロ


チームを助けるために全力を出し、ラウタロ・マルティネスはペナルティスポットからクールで正確にスコアシートに彼の名前を付けた。アルゼンチンFWは、セリエAで蹴った7つのペナルティのうち6つを決め、マペイ・スタジアムでのゴールで、過去7回のリーグ戦で7つのゴール(6ゴール、1アシスト)に関わった。

シーズンの最大22ゴールのインテル


インテルは7つのリーグゲームで22ゴールを記録し、セリエAで最も多作なチーム。ネラッズーリは3回連続リーグゲームで、ハーフタイムでは負けている状況から敗北を避けるのは、史上初である。チームはまた、過去12回のセリエAの試合すべて複数ゴールを決め、1943年に記録された最長の連続である11を超えた。

ジェコ&ラウタロ:11-ゴールデュオ

エディン・ジェコ(6)とラウタロ・マルティネス(5)は、合計11ゴールで、このキャンペーンのこれまでのイタリアのトップリーグで最も決めているストライキデュオ。アルゼンチンFWは、今シーズンのセリエAの最初の6試合でキャリア初の5得点を挙げ好調ぶりを続けた。


English Version  Versi Bahasa Indonesia  Versión Española  Versione Italiana  中文版 

タグ: セリエA
Load More