インテルナショナルズ: アルゼンチンとチリが勝利、ラウタロ・マルティネスがネットを揺らがす

インテルナショナルズ: アルゼンチンとチリが勝利、ラウタロ・マルティネスがネットを揺らがす

ラウタロ・マルティネスとホアキン・コレアのアルゼンチンのマティアス・ベシーノのウルグアイを下し、アレクシス・サンチェスとアルトゥーロ・ビダはチリを代表

ラウタロ・マルティネス、ホアキン・コレア、マティアス・ベシーノ、アレクシス・サンチェス、アルトゥーロ・ビダルら5人のインテル選手が日曜日の南米で開催された2022年ワールドカップ予選に出場した。

アルゼンチンがブエノス・アイレスでウルグアイを3-0で下し、マルティネスは重要な役割を果たした。リオネル・メッシがホーム側をリードしてから、マルティネスはロドリゴ・デ・ポールのゴールをアシスト、そして3点目は自ら決めコンテストを締めくくった。その後、試合経過65分でFWはクラブのチームメイトであるコレアと交代した。ベベシーノはウルグアイ側でスタメン出場、敗北の中90分間フル出場を果たした。

サンチェスとビダルのチリは、サンティアゴでパラグアイを2-0で下し、両者ともスタメン出場。ベン・ブレアトンが69分にチリをリードし、サンチェスがマウリシオ・イスラをアシストしてわずか3分後に2-0とした。サンチェスは後半のアディショナルタイム3分で交代し、ビダルはフル出場を果たした。

以下は、南米ワールドカップ予選グループの順位。

ブラジル28
アルゼンチン22
エクアドル16
ウルグアイ16
コロンビア15
パラグアイ12
ペルー11
チリ10
ボリビア9
ベネズエラ7

(上位4チームはワールドカップの出場権を獲得し、5位のチームはプレーオフに出場する)


中文版  Versione Italiana  Versi Bahasa Indonesia  English Version  Versión Española 

タグ: 代表選手
Load More