インザーギ:「私たちはこのパフォーマンスを受け入れ、先に進む」

インザーギ:「私たちはこのパフォーマンスを受け入れ、先に進む」

インテルのボスはラツィオへの3-1敗北について語った

ローマ – スタディオ・オリンピコでの60分のトップレベルなサッカーは、インテルが彼らの努力を示すためにミラノに何かを持ち帰るのに十分ではなかった。イヴァン・ペリシッチのペナルティゴールにより先手を取るも、ラツィオはインテルの抗議の中、展開を逆さにした。

「ここ最近私たちの最高のパフォーマンスでしたが、私たちのようなチームがリードするときは最終ボールまでゲームをよりよく管理し、リードを2倍にする必要があります」とフルタイムのホイッスル後にシモーネインザーギは説明した。

「残念ながら、彼らは私たちが許すべきではなかったコーナーからイコライザーを獲得した。その時点から、ゲームは変わり、ラツィオは試合に戻ってしまった。 2番目のゴールは少し奇妙で、集中を失い、これは私たちが許せないことです。がっかりです。リーグポジションに関しても重要な試合でありました。ですが、このパフォーマンスを引き継いで先に進みます。」

フェデリコ・ディマルコがピッチで負傷するあとからのラツィオの2番目のゴールに先立つ事件とそれに続く緊張について、監督は次のように述べた。
「彼はボールを蹴り出すことができたかもしれませんが、私はそれにこだわるつもりはありません。インテルのようなチームがそのようなゲームでプレーしているとき、私たちは結果を出さなければなりません。ラツィオのようなチームに直面した場合、試合に復帰する機会を与えることはできません。

「私たちは試合を1時間特にうまく管理しましたが、その後、対戦相手を試合に戻し、結果がこのありさまです。

「チームは良いパフォーマンスを出しました。だが、イコライザーを入れられるべきではありませんでしたし2-1の時点でも、まだ試合に戻る時間がありました。

「チームが試合の半分以上をコントロールしていたことを見たので、最後まで成し遂げることができたはずだったし、それは残念な結果としか言えないを激しい試合でした。

「2-0にするための最終パスももっと良くできたはず。私たちのようなチームは、このようなパフォーマンスを後に3-1で敗北して帰省することができないため、試合を分析するためにこの2日間を使います」とボスは締めくくった。


Versione Italiana  Versi Bahasa Indonesia  English Version  Versión Española  中文版 

タグ: inzaghi チーム
Load More