インテル ホール・オブ・フェイム:ゴールキーパー候補

インテル ホール・オブ・フェイム:ゴールキーパー候補

ゼンガ、トルド、ジュリオ・セザルと共に歴史に名を残す選手は誰でしょう?

ミラノ – インテル ホール・オブ・フェイム第4版の投票が始まり、いつものように、ネラッズーリのファンは、クラブの歴史に残る4人の伝説を選ぶ時がやって来た。ゴールキーパー、ディフェンダー、ミッドフィールダー、フォワードと1名ずつ殿堂入りを果たす。 

INTER HALL OF FAME: CLICK HERE TO VOTE

以下が、すでにインテル ホール・オブ・フェイムに殿堂入りしている12名だ。

2018年版:ワルテル・ゼンガ、ハビエル・サネッティ、ローター・マテウス、ロナウド。
2019年版:フランチェスコ・トルド、ジャチント・ファケッティ、デヤン・スタンコビッチ、ジュゼッペ・メアッツァ。
2020年版:ジュリオ・セザル、ジュゼッペ・ベルゴミ、エステバン・カンビアッソ、ディエゴ・ミリート。

今日、ゼンガ、トルド、ジュリオ・セザルと共に殿堂入りする10人のゴールキーパー候補者が誰であるかを調べよう。彼ら全員、インテルに少なくとも60回出場しており、少なくとも1つのトロフィーを獲得し、少なくとも3年前に選手として引退、または2010年のトレブルを獲得したチームの一員として引退したという基準を満たしている。

イヴァノ・ボルドン(1951年4月13日)
ボルドンは1970年から1983年の間にインテルに382回出場し、最も長い間失点許さない記録を樹立した(1979/80年の第4週から第11週までの686回)。インテルとの彼のつながりはユース階級で始まり、彼のファーストチームへの旅は激しい状況のなか、彼の最初の2度のシニア出演をしたことで最高潮に達した:ミラノダービーとメンヒェングラットバッハの悪名高い「缶のゲーム」の後半出場だ。ボルドンは2つのスクデッティ(1970/71と1979/80)と2つのコッパ・イタリア(1978と1982)を獲得した。

ロレンツォ・ブッフォン(1929年12月19日)
ブッフォンは89回インテル出場を果たし、1962/63年のスクデットを獲得した。彼の壮大なプレースタイルは、都市のライバルであるACミランにも馴染みがあり、4度のリーグタイトルを獲得した。

アンジェロカイモ(1914年7月14日– 1998年5月10日)
1939/40シーズンから1942/43までのインテル選手で、彼は63回出場し、1939/40年にスクデットを獲得した。

ピエロ・カンペリ(1893年12月20日-1946年10月20日)
1910年にインテルの初代スクデット優勝チームのゴールキーパーであるカンペリは、1909年から1925年までネラッズーリの色でプレーし、179回出場した。 2度目のスクデットは10年後の1920年に獲得した。

ヴァレンティノ・デガニ(1905年2月14日– 1974年11月8日)
デガニは1924年から1938年の間にアンブロシアナのインテルに176回出場した。信じられないほど機敏なショットストッパーが1929/30スクデットを獲得した。

ジョルジョ・ゲッツィ(1930年7月10日-1990年12月12日)
「カミカゼ」の愛称で呼ばれるゲッツィは、大胆不敵な態度で悪名高く、強い個性を持っていた。彼は1951年から1958年までインテルでプレーし、1953年と1954年に連続スクデッティを獲得した。ネラッズーリのアイコンであり、手袋をはめた後、成功した起業家になった。

ジャンルカ・パリュウカ(1966年12月18日)
ワルテル・ゼンガの靴を履くのは誰にとっても大変なチャレンジたが、パリュウカはそれを一歩踏み出し、途中で忘れられないセーブでファンを集めた。クラブに5年間の堅実なサービスを提供し、234回出場を果たし、1998年にUEFAカップで優勝した手ごわいゴールキーパー。

ジュゼッペ・ペルチェッティ(1907年10月30日-1995年5月21日)
反射神経、勇気、そして少しの狂気。アクロバティックなセーブで「ブラックパンサー」と呼ばれたジュゼッペ・ペルケッティは、1936年から1940年の間にインター115回出場し、2つのリーグタイトルとコッパ・イタリアを獲得した。彼は後にインテルのダッグアウトでシーズンを過ごした。

ジュリアーノ・サーティ(1933年10月2日-2017年6月5日)
サーティは特にショーマンではなくも、技術はたくさんあった。ラ・グランデ・インテルのNo.1として198回出場:2度のスクデッティ(1965年と1966年)、2度のヨーロッパ・カップ(1964年と1965年)、2度のインターコンチネンタルカップ(1964年と1965年)を獲得。

リード・ヴィエリ(1939年7月16日)
ヴィエリは1969年から1976年にかけて199回出場し、1970/71年のスクデットを獲得し、最長無失点記録を打ち立てた(685分、後にボードンによって更新される。)


Versión Española  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  English Version 

タグ: hall of fame
Load More