インテル ホール・オブ・フェイム2021:ディフェンス候補

インテル ホール・オブ・フェイム2021:ディフェンス候補

2021年の殿堂入り、全候補者の紹介

インテルの殿堂への投票が始まり、ファンは以前のエディションで選択されたインテルの輝かしいキャストの一部に入れる4人のネラッズーリ伝説を選べる。 ファンは、ゴールキーパー、ディフェンダー、ミッドフィールダー、フォワードのポジションごとに1人の選手を選択できる。

INTER HALL OF FAME: CLICK HERE TO VOTE

現在、殿堂入りを果たした3人のディフェンダーは、ネラッズーリに多大な貢献をした。ハビエル・サネッティ、ジャチント・ファケッティ、ベッペ・ベルゴミの3人である。

これらインテルレジェンドに参加する候補者は47人いる。詳細については、以下をお読みください。

次の入会者は、2010年のトレブルを獲得したチームのメンバーになるか、それとも1960年代の画期的なグランデ・インテルチームのメンバーか。候補者の中から差はほとんどないと予想される。

クラブの設立からエレニオ・エレーラの黄金時代まで、インテルの歴史に名を刻んだディフェンダーは多い。これらには、1934年にイタリアとのワールドカップで優勝したルイージ・アレマンディ、ジュゼッペ・バレリオ、イヴァノ・ブラソン、ジョヴァンニ・ボルゾーニ、カルメロ・ブオノコア、オスカー・エングラー、グスタボ・フランチェスコーニ、ジョヴァンニ・ジャコマッツィ、グイド・ジャンファルドーニ、アッティリオ・ジョヴァンニーニ、ウーゴ・ロカテッリ、ドゥイリオ・セッティとグイドヴィンチェンツィが含まれる。

1960年代のグランデインテル陣は、サッカーでの防御の未来を定義する先駆的なチームと見なされている。タルチシオ・ブルニッチ、アリスティド・グアルネリ、アルマンド・ピッキは、その時代の立役者の3人である。後者はクラブのキャプテンを務め、257回の出場を果たした。彼といえば、その10年間のクラブの勝利と永遠に関連している。 スパータコ・ ランディー二もこの期間中のインテル選手であった。彼は以前主にベンチスタートだった彼は、スタメンに居場所を見つけた。

70年代と80年代のネラッズーリも数名登場しており、殿堂入りするチャンスがある。今年亡くなったマウロ・ベルージは、ナッツァレーノ・カヌーティ、マリオ・ジュベルトーニ、アンギオリーノ・ガスパリニ、アドリアーノ・フェデーレと共に候補に挙げられている。この時代の2人のキャプテンも候補者のリストに含まれている。1980年にインテルのスクデットの成功をサポートし、1978年のコッパイタリア決勝でも優勝したグラツィアーノ・ビニと、1977年から1992年の間にインテルに559回出場したベッペ・バレシもリストに含まれている 。

ジョバンニ・トラパットーニ監督のインテル選手の1人、ベッペ・ベルゴミは、2020年にすでに殿堂入りを果たした。今回の候補者には、その時代のチームメイトであるアンドレアス・ブレーメ、アンドレア・マンドルリーニ、リカルド・フェッリが含まれる。

1990年代からは、1994年と1998年のUEFAカップ優勝メンバーもこのリストに含まれている。セルジオ・バッティスティーニ、パガニン兄弟のアントニオとマッシモ、ジャンルカ・フェスタ、フランチェスコ・コロンネーゼ、サルヴァトーレ・フレシ、ファビオ・ガランテ、タリボ・ウェストが含まれている。

最後になるが、トレブルの勝者だ。殿堂入りのチャンスがあるこの時代のインテルの守備陣は、イバン・コルドバ、マルコ・マテラッツィ、ワルテル・サムエル、クリスティアン・キヴ、マイコン、ルシオだ。
 

INTER HALL OF FAME: CLICK HERE TO VOTE


Versi Bahasa Indonesia  Versión Española  Versione Italiana  English Version 

タグ: hall of fame
Load More