イタリアのスーペルコッパについて知っておくべきこと:ルール、ベンチ、過去の勝者

イタリアのスーペルコッパについて知っておくべきこと:ルール、ベンチ、過去の勝者

大会の第34版は、延長戦またはペナルティによって勝敗が決まる可能性がある

イタリアチャンピオンのインテルは、2020/21コッパイタリアの優勝者であるユベントスと、1月12日水曜日にサンシーロで開催される第34回イタリアスーパーカップの21:00CETに出場する予定です。

スコアが同点の場合の延長戦とペナルティ

90分経過して勝敗が決まらない場合は、延長戦が行われ、それでも同点のままで終わる場合、PK戦で勝者を決める。

ベンチ:延長戦での追加選手交代

リーグ戦と同様、チームはハーフタイムだけでなく、3つの異なるスロットで最大5つの交代を行うことができます。試合が延長戦になると、延長戦の前半と後半が始まる前と同様に、交代のための4番目のスロットが利用可能となります。チームは延長戦で6人目の交代を行うことができます。

スーペルコッパの殿堂

今晩サン・シーロでの試合は、インテルがイタリアのスーパーカップで10度目の参加となり、初参加は1988年である。ネラッズーリは過去9回の出場のうち、1989年、2005年、2006年、2008年、2010年の5回優勝している。

ユヴェントスはスーパーカップに16回参加し、1995年、1997年、2002年、2003年、2012年、2013年、2015年、2018年、2020年の9回優勝している。

インテルとユヴェントスは、2005年にトリノのデッレ・アルピで開催されたスーパーカップで一度だけ対戦したことがある。フアン・セバスティアン・ベロンのゴールにより、延長戦の末、ネラッズーリは1-0で勝ちました。

2005年から2011年にかけて7回連続で行われた9回のスーパーカップ参加に、インテルは3度延長戦を行い、120分後に2回勝利し、PK戦で1回勝利した(2008年のローマ戦)。

個々の統計

ユヴェントス9(1995、1997、2002、2003、2012、2013、2015、2018、2020)
ACミラン7(1988、1992、1993、1994、2004、2011、2016)
インテル5(1989、2005、2006、2008、2010)
ラツィオ5(1998、2000、2009、2017、2019)
ローマ2(2001、2007)
ナポリ2(1990、2014)
サンプドリア1(1991)
パルマ1(1999)
フィオレンティーナ(1996)

ジャンルイジ・ブッフォンとデヤン・スタンコビッチは、スーパーカップで9度も出場したことで、彼らの名前は最もスーパーカップに出場した2名の選手である。セルビア人はラツィオで2回、インテルで7回出場し、ブッフォンはミッドフィールダーの6度の優勝より1つ上の7度の優勝でリードしている。


Versión Española  Versione Italiana  Versi Bahasa Indonesia  English Version 

Load More