インターナショナルブレイク: 前回のブレイクまでのシーズン振り返り

インターナショナルブレイク: 前回のブレイクまでのシーズン振り返り

14試合が行われ、トロフィー獲得、チャンピオンズリーグの16強に進出し、リーグの首位に立った。 興味深いスタッツと統計

ミラノ - セリエAが前回インターナショナルブレイクに入ったのは、2021年11月7日の#DerbyMilanoでの1対1の引き分け以来となる。

14戦12勝

14試合のうち、ネラッズーリはチャンピオンズリーグ16強に進み、スーパーカップで優勝し、コッパイタリア準々決勝の獲得券をとり、リーグのトップに立った。

30中28ポイント

2021年11月21日にナポリに対してホームで3-2の勝利を収めてから、1月22日にヴェネツィアを破るまで、インザーギ率いるインテルはリーグ戦10試合行い、獲得可能30ポイントから28ポイントを獲得し、9勝とスコアレスドローを記録した。

チャンピオンズリーグ予選突破

期間中唯一の敗北は、レアル・マドリードとのチャンピオンズリーグ戦であった。だがシャフタールとの勝利で16強進出確定後に起こった。 インテルは2月16日21:00CETに16強でリヴァプールと対戦する。

コッパ・イタリア進出、スーペルコッパの優勝

スーパーカップとコッパ・イタリア2試合で合計240分が行われた。インテルはユヴェントスを破ってスーパーカップを制し、エンポリを破ってコッパ・イタリアの準々決勝に進出した。 インテルは、2月8日火曜日21:00CETに準々決勝でローマと対戦する。

前回のインターナショナルブレイクから、12人のネラッズーリ得点者

ネラッズーリはこの期間中、全試合通算31ゴールを記録し、9失点、12人の異なる選手がネットを見つけた。
ラウタロ・マルティネスがハカン・チャルハノール(5ゴール)、エディン・ジェコ、アレクシス・サンチェス(5ゴール)を超し7ゴールを記録しリストのトップに立った。

ものもうす

インテルはリーグで22試合行い、53ポイントでリーグ首位に立ち、セリエAで最高の攻撃力と2番目に優れた防御力を誇る。(53 GF, 17 GA).

2021/2022セリエAでのインテル

●    11 ラウタロ・マルティネス
●    9 エディン・ジェコ
●    6 ハカン・チャルハノール
●    4 イヴァン・ペリシッチ
●    4 ホアキン・コレア
●    3 ミラン・シュクリニアル
●    3 デンゼル・ワシントン
●    2 フェデリコ・ディマルコ
●    2 ニコロ・バレッラ
●    2 ロベルト・ガリアルディーニ
●    2 アレクシス・サンチェス
●    1 ダニロ・ダンブロージオ
●    1 マティアス・ベシーノ
●    1 アレッサンドロ・バストーニ
●    1 アルトゥーロ・ビダル
●    1 マッテオ・ダルミアン


Versi Bahasa Indonesia  English Version  Versión Española  Versione Italiana 

Load More