ロビン・ゴセンス選手プロフィール

ロビン・ゴセンス選手プロフィール

我が新MFについて知っておくべき彼のプロフィール、 生い立ちから代表戦まで、そして彼のモットーについて。

ロビン・エバールドゥス・ゴセンスのモットーは、彼が10代の頃からずっと同じだ。常に、他人が注ぐ努力より上回ること。それが改善する唯一の方法だ。

彼は日々の行いでその言葉を知っていたが、とある朝からそのモットーを真に受ける出来事が起こる。彼はサッカーアカデミーなど参加したことがなかったことから、ゴセンスにとってサッカーはただ楽しむためやっていた趣味だけであった。ある週末、彼は友人と夜更かしして、日曜の朝11:00にドイツのクレーヴェで試合があるにもかかわらず、彼がいつものようにベストを尽くした。誰よりもピッチで走り、相手チームのリズムを崩し、ゴール、アシスト、そして勝利をもたらした。その朝の試合に、ヴィテッセからのスカウトが訪れていた。そしてゴセンスにヴィテッセのトライアルに参加しないかと尋ねた。

そうやってゴセンスのサッカーの旅は、2012年、18歳で始まった。オランダとの国境から4 km離れたライン川沿いの町、ドイツのエメリッヒ・アム・ラインから、車または電車で約30分の距離にあるアーネム。これにより、ゴセンスがサッカー選手になるチャンスを賭けてを母親と約束した。彼の学績は下がった瞬間、彼はチームトレーニングを諦めることを。

一生懸命働かなければ成功する人などいない。ゴセンスは最近、自伝でその概念について書いている。題名はドイツ語から訳すると「夢見る価値はある」となり、ボルシア・ドルトムントとの無念になったトライアルについても含め、彼の人生を語っている。

ゴセンスは、懸命に努力し続け、彼のテクニックが不十分であり、ボールコントロールができないと言った人々から酷評を克服し、インテルのMFになりました。また、彼は警察の一部になるためのコースに参加するプランBを検討していた時期もあった。

規律、強い精神、勤勉、そして彼の献身はすべて、毎日限界に挑戦するゴセンスの主力である。19歳のとき、彼は自分の能力に気づいた。ドルドレヒトから、ヘラクレス・アルメロへのステップアップに続き、2017年にアタランタ電話がかかって来た。新しい言語を理解することと、チームとどれだくうまく連携できるかと、当初は彼、そして周りから困難と懐疑論があった。しかしロビンはもう一度袖を引き上げ頑張った。彼はアタランタ初シーズンで2ゴールを決め、翌年には3ゴール、クラブでの3シーズン目は10ゴール、4シーズン目は12ゴールと2桁ゴールを記録し、サイドを支配するプレーで賞賛を受けました。彼のパフォーマンスにより、2020年間ベスト11に選ばれ、代表チームに招集された。

ロビンはユーロ2020で、ミュンヘンでのポルトガル戦に魅惑的な4-2の勝利で全世界に彼のアビリティを発揮した。彼はアシスト記録し、近距離からヘデイングゴールを決め、当然ながら試合MVPに選ばれた。

彼はずっと信じてここまでたどり着いた。ゴセンスが新しい黒と青の色合いでサン・シーロに立ち、インテルの栄光を代表し、クラブ歴代9人目のドイツ人選手になる時が来た。

さぁロビン、あなたの能力を発揮して皆に見せてくれ!


English Version  Versione Italiana  Versi Bahasa Indonesia  Versión Española 

Load More