カイセドの世界回る旅はグアヤキルから始まった

カイセドの世界回る旅はグアヤキルから始まった

インテル選手としては初のエクアドル人は、ラツィオでロスタイムのゴールを決める習慣をつけた

太平洋の真珠としても知られるエクアドルの都市グアヤキルは、フェリペ・カイセドが世界回る出発点であった。彼は数年に渡りスーツケースにたくさんのステッカーを追加してきた:スイス、イングランド、ポルトガル、スペイン、ロシア、アラブ首長国連邦、そしてイタリア。

フェリペの物語は1988年にグアスモの近くで始まる。グアヤキルは現在観光地として有名であるが、当時はほとんど何もない場所であった。フェリペは路上で裸足でサッカーをしていた。彼はその貧困な幼少期の記憶を入れ墨で負っている:涙、彼の両親の犠牲、そして団結した家族の誇りを思い起こさせる。

プロサッカー選手として成功することを望む子供たちの数と、そこにたどり着くまでの数を考えてみよう。フェリペは15歳のときにこの夢を追求し、サッカーのリアリティ番組に参加した。彼は番組で優勝し、ボカ・ジュニアーズのトライアルを獲得した。番組は「カミノアラグロリア」(栄光への道)と呼ばれていた。

エクアドルからスイス、彼の故郷からバーゼルまで。すべてが異なっていた視点の新しい人生。フェリペはホームシックを感じていたにもかかわらず、夢を追い続け、経験を積み上げ始めた。マンチェスター・シティ、スポルティング・リスボン、マラガ、レバンテ、モスクワ。ロシアの寒さと新しいリーグ、アラブ首長国連邦、スペインからラツィオに加わり、現在はイタリアでサッカーの世界旅を歩む。

カイセドはすぐにビアンコ・セレスティのファンの心をつかみ、試合終盤にゴールをよく決めたため、すでに使用された用語「セサリーニゾーン」を「カイセドゾーン」変えかえた。ラツィオで得点した33ゴールのうち、6ゴールは90分後に決め、9ゴールは80分後に決めたものであった。
彼はいつも最後まで信じている。エクアドル代表FWはラツィオのシャツでも成功を収めた。コッパ・イタリアでは、シモーネ・インザーギと共に優勝し、ホアキン・コレアの勝利のゴールのアシストを提供した。

彼は2011年のブラジル戦を含め代表戦で22ゴールを記録し、エクアドル代表チームで歴代6位の得点者である。

カイセドの加入により、インテルを代表する選手の国がまた1つ追加された。彼はクラブで史上初のエクアドル人であり、インテルを代表した選手の国籍の数を50に増やした。その全員が、公式試合でインテル試合で少なくとも1回はベンチに座った数である。

フェリペのスーツケースに新たなステッカーを追加する時が来た、その色は黒と青だ。


Versione Italiana  English Version  Versión Española  Versi Bahasa Indonesia 

Load More