カイセドの加入により、50カ国からの選手がネラッズーリを代表した

カイセドの加入により、50カ国からの選手がネラッズーリを代表した

フォワードは、クラブ史上初のエクアドル人である

フェリペ・カイセドがインテルに加入したことで、クラブの国際的な性質と、クラブの設立以来、クラブを際立たせてきた価値観の1つである世界の兄弟姉妹を体現する統計が更新された。エクアドルFWの到来により、100年以上の歴史の中で、クラブを代表するさまざまな国籍の数が50になった。

カイセドが追加される前は、戦後、少なくとも1回の公式インテル戦でベンチに登場した1054人の選手は、49か国から来ていた。そのリストにある2人のプレーヤー(アンドリュー・グラビヨン、グアドループ、ホセ・コレイア、ギニアビサウ)は、一度もピッチに出たことがない。

アルバニア1
アルゼンチン53
オーストリア5
オーストラリア1
ボスニア・ヘルツェゴビナ1
ベルギー9
ブラジル39
スイス21
コートジボワール4
チリ6
カメルーン3
コロンビア4
ドイツ8
デンマーク4
アルジェリア2
スペイン5
フランス25
イギリス3
ガーナ6
ギニア1
グアドループ1
ギリシャ3
ギニアビサウ1
ホンジュラス2
クロアチア7
ハンガリー4
アイルランド3
イタリア723
日本1
ケニア1
モロッコ1
マケドニア2
ナイジェリア8
オランダ11
ペルー2
ポルトガル11
パラグアイ2
ルーマニア8
セルビア7
ロシア1
スウェーデン5
スロベニア4
スロバキア2
シエラレオネ1
セネガル3
トルコ5
ウルグアイ24
ユーゴスラビア7
南アフリカ1


Versione Italiana  Versión Española  Versi Bahasa Indonesia  English Version 

Load More