ダンフリース:「私はいつも情熱だ」

ダンフリース:「私はいつも情熱だ」

Careers第4話では、オランダDFが彼の人生、インテルでの期間、そして彼のキャリアの最も重要な時間について語る

ミラノ - 家族、サッカー、ピッチ内外での経験、アルバ、オランダ代表チーム、インテル。 ニコロ・バレッラ、ラウタロ・マルティネス、ホアキン・コレアに続き、Careers第4話でデンゼル・ダンフリースが触れるトピックのほんの一部です。
オランダ人は、彼の人生の最も重要な時期のいくつかと、彼のキャリアの中での重要な瞬間をカバーする写真を見返す。

DAZN視聴者は、Careersをオンデマンドで今日から無料で視聴できます。インテルのファンは、Instagram、Twitter、Facebook、およびクラブのYouTubeチャンネルで部分的で視聴可能である。

CLICK HERE TO WATCH THE EPISODE


 

「素敵な写真です。兄弟です。末っ子は今20歳、姉は27歳、妹は23歳です。4人います。大好きです。私を知っている人は 自分は一日中笑顔で、冗談を言ったり、チームメートや家族と楽しんだりするのが好きだと知っています。

「サッカー以外では怒ることはありませんが、ピッチに立つときはするときとは違います。自分は子供の頃からプロのサッカー選手になると断言していました。家族にはサッカーの血統はありません。父はプレーしませんでした。 親戚でも高いレベルでプレーした人は誰もいませんが、私はやる気を持って生まれ、夢を実現するために必要なすべてを捧げました。」

「オランダのバーレンドレヒトでプレーしました。これは本当に特別な瞬間でした。17歳でアルバ代表チームに呼ばれ、電話でのオファーを受けましたが、フレンドリー試合だったのでいつかオランダ代表になれるチャンスを逃しませんでした。親善試合は2度参加し、得点も記録しました。それは私にとって忘れられないものです。」

「これは私の以前のチームの1つ、ヘーレンフェーンです。i家から離れて初めて一人暮らしをしたので、私にとっては大変な時期でした。ロッテルダムから車で2時間だったのであまり実家に帰れませんでした。

「私にとって本当に特別な時期でした。私は自立し、自分の世話をし、プロのように考える方法を学びました。私は1シーズンだけそこでプレーしましたが、人生について多くを学びました。

「スパルタ・ロッテルダムに行ったとき、私は18歳でした。特にオランダのようにキャリアが早い段階始まる国では、私はすでに年をとっていました。私は遅咲きでしたが、野望はたくさんあり、自分のアビリティをみんなに見てもらいたいと思っていました。 私は毎日できる限りのことをして改善に努めました。それは私のキャリアを前進させるモチベーションを与えてくれた経験でした。今も同じモチベーションです。」

「その試合イヴァン・ペリシッチとの勝負は僕が圧勝でした!冗談はさておき、これは私にとって大切なクラブであるPSVの頃の時期です。そこで3シーズンプレーし、キャプテンになった。PSV初シーズンでインテルと対戦し、サン・シーロでの雰囲気は素晴らしかったです。私たちすべての選手は経験として言葉を失いました。

「PSVで過ごした時間には本当に感謝しています。また、PSVにいる間、オランダ代表チームにもデビューしました。」

「EURO2020で自分の国にプレーすることは本当に特別で、2回決めたゴールは自分にとって貴重な事でした。それは私にとって極めて重要な瞬間であり、サッカー選手として本当に一歩踏み出したと思います。大会後にインテルに加入し、振り返れば本当に特別な時間でした。」


Versione Italiana  English Version  Versi Bahasa Indonesia  Versión Española 

タグ: dumfries
Load More