インテルの殿堂入り特別賞は、$INTERファントークン保有者によって決定される

史上初、ピッチ外でクラブの歴史に名を残した4名または機関から選ぶ投票が行われる。

1/1
インテルの殿堂入り特別賞は、$INTERファントークン保有者によって決定される - Social 1x1

インテルHall of Fame(殿堂)に、FCインテルナツィオナーレ・ミラノのスポーツの歴史に名を残した個人または機関を表彰し、チームのサポートを超えた社会的イニシアチブを統合することにより、特別賞が初めて授与される。

殿堂入りの初版では、特別賞は、2つの異なる時代にクラブを世界のトップに導いた印象的なトロフィーの運搬を含む、ネラッズーリの大義に向けた長年の奉仕に対してモラッティ家に贈られた。元インテルゴールキーパーのアストゥティッロ・マルジオーリオは、BUU(Brothers Universally United)と協力し、賞を受賞した。エルネスト・ペレグリーニは、記録的なスクデット獲得シーズンのクラブ会長を務め、困難な状況にある何百人もの人々に毎日温かい食事を提供する財団とともに、2020年版でトップに躍り出た。

2021年の殿堂入りの特別賞は、クラブのグローバルメインパートナーであるSocios.comからの投票を通じて、Interファンによって初めて選ばれ、$INTERファントークンの所有者が4人の有力候補から選べる。

投票は2月21日から27日まで行われ、特別賞の受賞者は、3月4日にサン・シーロで開催されるインテルのサレルニターナ戦に先立ち、2021年のインテル殿堂入りと同時に発表される。3人の元選手(ジャンルカ・パリュウカ、マルコ・マテラッツィ、ウェスレイ・スナイデル)の受賞は公開されているが、4人目はまだ発表されていない。

歴史的な人物、機関、特別なファンを含む4候補から選べる。彼らは、Covid-19パンデミックでの病院の取り組みに対する伝説的な弁護士兼インテルのディレクターのペッピーノ・プリスコ、インテル・クラブ・デゼンツァーノ・デルガルダの社長であるクラウディオ・ベルタッツィ、およびインテルクラブ・トライバセイのメンバーであるエンツォベルナスコーニです。

ペッピーノ・プリスコ
昨年12月、インテルはペッピーノ・プリスコの誕生から100年、そして彼が亡くなってから20周年を迎えた。プリスコは1世紀にわたるネラッズーリの歴史の一員であり、「史上最高のインテルファン」として知られている。ロシアのアルピーニ(少尉)であり、知識豊富な弁護士、副大統領、そして何よりもサポーターであったプリスコは、彼の愛らしい性格、ジョーク、そして絶え間ない笑顔で、インテルとアウェーのファンからも愛されていた。彼は「常にインテルのためにすべてをささげた男」と知られていた。

ミラノのポリクリニコ
ミラノ市でのCovid-19との戦いで病院が重要な役割を果たした。戦いはパンデミックの初期から始まり、イタリアで最大のパラッツォ・デッレ・シンティーユやフィエラ・ポルテッロなど、子供たちに大きな焦点を当てた予防接種ハブの管理に至った。合計で、病院はイタリアで200万回以上のワクチンを提供。これに加え、フィエラでのパビリオン・デル・ポリクリニコの創設と管理が行われている。これは、Covid-19の最も深刻な症状を出す患者のためのヨーロッパ最大の集中治療室である。 2021年には、パンデミックが続いていたにもかかわらず、ミラノ全土でCovid-19の影響を受けたハブとしての評判が高まり、約6,000人の赤子がそこで生まれた。これはすべて、病院が支援、医療、研究の定期的な活動を中断することなく行われた。

インテルクラブ・デゼンツァーノ・デルガルダ社長、クラウディオ・ベルタッツィ
実行可能な代替手段がなかったため、クラウディオ・ベルタッツィは40年間、インテルクラブ・デゼンツァーノ・デル・ガルダの会長を務めている。彼のストーリーは、個人的な生活、サッカーへの情熱、クラブへのコミットメント、そしてインテルのファンを国内で受け入れ、促進するという原則に沿った社会的イニシアチブの開発に緊密な関係を築く。

インテルクラブ・トライバセイメンバー、エンツォ・ベルナスコーニ
2020年、Inter Club TriBaseiのメンバーであるエンツォ・ベルナスコーニは、インテルへの情熱と社会的影響を組み合わせて独自の事業を展開した。彼はディエゴ・ミリートの祖父母であるサルヴァトーレとカテリーナの故郷であるカラブリアとサン・シーロとテッラ・ノーヴァ・ダ・シバリの間の1,277キロのサイクリングをした。イタリアを横断する旅行は、インテルをヨーロッパの栄光に火をつけたフォワードの主要な場所を物理的に接続するだけでなく、インテル・キャンパス・ボリビアとコチャバンバの子供たちを長年支援してきたカサリ委員会を支援するための資金調達することも目的とした。これは、ミラノをイタリアから南アメリカまで、世界の他の地域と結びつけるために連帯を漂わせるスポーツイニシアチブである。


English Version  Versi Bahasa Indonesia  Versión Española  Versione Italiana 

タグ: hall of fame
Load More