バストーニ、バレッラ、チャルハノールのW杯心痛

バストーニ、バレッラ、チャルハノールのW杯心痛

北マケドニアに敗れたイタリア、ポルトガルに敗れたトルコ:ネッラズーリの3選手にとっては苦い夜となった。

イタリアサッカー界にとって残念な夜となり、インテル選手3名が2022年カタール・ワールドカップ出場の可能性が消滅してしまった。ニコロ・バレラとアレッサンドロ・バストーニはイタリア代表として出場し、ハカン・チャルハノールはトルコ代表として出場したが、彼らの国はそれぞれ北マケドニアとポルトガルに敗れ、最終予選プレーオフ準決勝で敗退してしまった。

イタリアがワールドカップの出場権を獲得できないのは2回連続となる。パレルモで行われた試合では、バストーニとバレッラの両選手が先発し、無数のチャンスを作ったが、カウンターでまさかの失点を許し、アレクサンダル・トライコフスキの決勝ゴールで北マケドニアがプレーオフの決勝に進出する。バストーニは90分間フル出場し、バレッラは77分までプレーした。

一方、ハカン・チャルハノールも厳しい夜を過ごし、MFのマエストロは、ポルトで行われた試合にフル出場を果たしたが相手ポルトガルが3-1で勝利。トルコは、スコアが2-1の時点でブラク・ユルマズがPKを外したことを悔やんでいることだろう。

火曜日は、ワールドカップ出場者を決めるプレーオフ決勝であり、ポルトガルと北マケドニアと対戦する。


Versi Bahasa Indonesia  English Version  Versione Italiana  Versión Española 

Load More