インテルナショナルズ:4名が活躍、ジェコがネットを揺らす

インテルナショナルズ:4名が活躍、ジェコがネットを揺らす

火曜日の夜、チャルハノール、バストーニ、ダンフリース(アシスト)、ジェコが親善試合に出場。

ワールドカップ予選や親善試合など、ヨーロッパのインターナショナルブレイクが終了した。火曜夜、4名のインテル選手(ハカン・チャルハノール、アレッサンドロ・バストーニ、デンゼル・ダンフリース、エディン・ジェコ)が親善試合に出場した。

トルコとイタリアは、先週のワールドカッププレーオフ準決勝で敗退し、失望したばかりのトルコのコンヤで出会った。ロベルト・マンチーニ監督率いるチームは、ブライアン・クリスタンテのゴールとジャコモ・ラスパドリの2点により3-2で勝利し、ジェンギズ・ウンデルとセルダル・ドゥルスンもネットを揺らした。インテルから選手2名が起用され、チャルハノールは77分までプレーしバストーニは76分から出場した。MFはキャプテンの腕章をつけ、ブラク・ユルマズの国際戦引退に伴い、チームのキャプテンになった。

オランダはアムステルダムでドイツと対戦し、トーマス・ミュラーのゴールとスティーブン・ベルクヴァインの同点弾で1-1の結果に終わり、ダンフリースが90分間フル出場を果たした。

ボスニア・ヘルツェゴビナは、ゼニツァでルクセンブルクと対戦し、66分から途中出場したジェコが86分に試合唯一のゴールを決めた。


Versión Española  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  English Version 

Load More