インザーギ監督、ダービーの勝利で絶好調のローマに勝利を収める自信を持つ

インザーギ監督、ダービーの勝利で絶好調のローマに勝利を収める自信を持つ

ボスがサン・シーロで行われるセリエAのジャッロロッシとの対戦をプレビュー

アッピアーノ・ジェンティーレ – シモーネ・インザーギは、コッパ・イタリア準決勝でACミランに勝利し士気を高めたことが、今夜のジョゼ・モウリーニョ率いるローマに挑むチームの疲労回復に役立てると願っている。

ネラッズーリらの忙しい日程の中、ジャッロロッシはカンファレンス・リーグ準決勝での勝利で好調な期間が続き、セリエAでは3ヶ月以上無敗を誇っている。

土曜日の18時(日本時間25:00)にスタディオ・メアッツァでキックオフを迎えるにあたり、インザーギ監督はメディアに対して以下のように語った。

ダービー後のこのような試合に向けてどのように準備し、どのような試合を期待しているのでしょうか?

「リーグ屈指のチームと対戦することになり、しかも相手は絶好調だ。監督が誰なのか、そして彼がインテルや他の国でどんな実績を残してきたのかはみんな知っています。我々にとって非常に重要な試合であり、決して簡単なものではないことは分かっている。」

ホアキン・コレアのような現在順調な選手をベンチに置いておけるのか?

「彼は本当に良い試合をしたし、彼のチームメイトもそうだ。今日の午後にもトレーニングセッションがあり、ダービーの最後の数分間で足首をひどくひねってしまったアルトゥーロ・ビダル以外は、全員が選べる状態だ。明日、チームを決めます。」

ユヴェントス戦の勝利はインテルに活力を与え、ミランを破ったことはまた精神的な後押しになったが、チームに疲労を与えたのは間違いないだろう。今の選手たちの様子はどうでしょうか? 

「コッパ・イタリアの試合は大きな自信につながったし、再び決勝に進出することができました。だが、自分たちの実力以下の結果を残した時期もあった。シーズンの終わりはとても厳しいものになるだろうが、僕らはまだ首位争いに残っている。」

インテルはダービーを非常にアグレッシブにスタートしました。トリッキーな戦いに向けて、どれだけのエネルギーを残しているのだろうか?

「シーズンは残り1ヶ月で、次から次へとたくさんの試合があることは分かっている。選手も私も、賢く、冷静に、各試合に最善を尽くして準備しなければならないと思っています。ダービーのことはもう考えていない。今はローマというフィジカル的で絶好調のチームのことだけ考えている。しっかり走り、気迫と決意を持ってプレーすることが必要だろう。これから最後まで、僕らをつまずかせようとするたくさんのチームに直面することになります。」

ローマ戦とボローニャ戦という次の2試合が、スクデットレースの行方を大きく左右すると言っていいのでしょうか?

「ローマ、ボローニャ、ウディネーゼと続くこの1週間は、我々にとって非常に重要だ。そのことは分かっているし、1週間ですべての相手に対してきちんと準備するためには、賢く挑むことしかない。シーズン終了時には52試合を戦うことになるのだから、このような激しい時期を過ごすのは初めてではない。」

インテルは、今からシーズン終了までの間に、ライバルよりも2試合多く試合をすることになりますがそれを問題視しているのですか?

「いいえ、そのうちの1試合は私たちが獲得したカップ戦の決勝戦ですから、もちろん、1月にボローニャと対戦するのが望ましいのですが、パンデミックのために不可能でした。今、試合をしなければならないが、幸いなことに私には経験豊富な選手たちがいる。我々は、あらゆる労苦の後に精神的に回復する方法を知っています。」

マッシミリアーノ・アッレグリは、ユーヴェ対インテル戦がタイトル争いの転換期になったと語っています。あなたはそう思いますか?

「我々にとって難しい時期に訪れた重要な勝利だった。7月8日以来、チームは素晴らしい仕事をしてきた。彼らは皆、プロフェッショナルで集中力があり、好調なスタートを切った後、我々は期待を高めた。これだけ試合が続くと、さらにモチベーションが上がるはずだ。落とし穴はたくさんあるが、可能な限りベストな方法で準備をしている。あとは怪我人が出ないことを祈るばかりです。」

29日間で7試合あることを考えると、ローテーションを組むのでしょうか?ビダルが使えないので、中盤のローテーションはあるのでしょうか?

「明らかに我々は中盤に(ニコロ)バレッラ、(マルセロ)ブロゾヴィッチ、(ハカン)チャルハノールでプレーすることが多い。[ロベルト)ガリアルディーニと(マティアス)ベシーノの出場は少ないが、彼らは毎日とてもよくトレーニングしているし、今から最後までとても重要な存在になるはずだ。アルトゥーロはサブとして多くの試合に出場しており、先日は出場後とても良いプレーをしていたが、残念ながら足首を痛めてしまった。ボローニャ戦では復帰してくれることを期待しています。」

ダービーでは勝利そのものよりも、審判の判断についての話題が多いようです。それについてどう思いますか?

「コッパ・イタリアの決勝に進出できたことを嬉しく思っている。イタリアの審判は世界でもトップクラスで、私たちは幸運だと思います。監督や選手がミスをするのと同じように、審判もミスをすることがあります。シーズンを通して、我らに不利になることも、我らに有利になることも、それ自体が均等になるのです。」

ローマ戦に何を期待していますか?

「この試合は、我々にとって決勝戦のようなものです。彼らは1月9日以降、リーグ戦では負けていませんし、非常に良いパフォーマンスを見せています。我々は本当に準備万端でなければなりません。」

ロビン・ゴセンスとイヴァン・ペリシッチを一緒にプレーさせる方法はありますか?ペリシッチがセントラルMFでプレーする可能性は?

「イヴァンとロビンの2名が一緒に仕事ができるのは幸運なことだ。2人とも素晴らしい選手だし、調子もいい。ヴェローナ戦では一緒にプレーし、ペリシッチはさらに前に出て攻撃陣に加わった。ペリシッチは右でもプレーできるが、そこには(デンゼル)ダンフリースと(マッテオ)ダルミアンがいる。オプションがあるのは嬉しい。一番大事なのは全員の体調を保つことだ。」


English Version  Versi Bahasa Indonesia  中文版  Versione Italiana  Versión Española 

INTER vs ROMA | LIVE | SIMONE INZAGHI PRE-MATCH PRESS CONFERENCE

タグ: inzaghi 会見
Load More