インザーギ監督「このチームは決してあきらめない。クラブやファンと共にこのトロフィーを祝おう。」

インザーギ監督「このチームは決してあきらめない。クラブやファンと共にこのトロフィーを祝おう。」

インテル監督、コッパ・イタリア優勝の喜びを語る

ローマ - コッパ・イタリア2021/22の決勝戦では、緊張と興奮に満ちた試合の末、インテルが勝利を収めた。シモーネ・インザーギ監督は、最初から最後の1分までチームを押し上げ、トロフィーを手にするためにチームを奮い立たせた。試合後、ネラッズーリの監督はSportmediasetの取材に応じ、チームのパフォーマンスについて語った。

今夜の勝利についてどう思いますか?
「強敵を相手に素晴らしいパフォーマンスを見せることができた。前半の30分間は本当にうまくいっていたが、ハーフタイム前の最後の15分間は少し形を崩してしまった。後半でのアプローチも悪く、試合再開早々2失点してしまった。もっと集中力を保つべきだったが、このチームは決してあきらめない。今晩だけでなく、7月8日以来、彼らがそうしているのを目にしてきた。これからリーグ戦の2試合を全力で戦うことになるが、今夜はファンと一緒にお祝いを楽しむのが正しいだろう。選手たち、クラブ、ファンのためにも、私は幸せだ。

特別な気分ですか?
「毎週3試合の準備のために毎日手伝ってくれているスタッフとこの勝利を分かち合えるのは幸せなことだ。我々は、これまでやってきたことすべてにおいて、全力を出し切った。チャンピオンズリーグではラウンド16に進出し、これまでリヴァプールを破ったのはインテルだけだと思います。私たちは後悔はしていないよ。」

後半の立ち上がりが悪かったですが、反応がすごかったですね...。 
「選手たちはよくやってくれた。分析するには、試合を見直す必要がある。あの2失点は許してはいけなかった。2点目はカウンターアタックだったが、これ以上何も求められないと思う。交代で入った選手も本当によくやってくれたので、このトロフィーを獲得したことを一緒に祝うのが正しいことだと思う。」


Versione Italiana  English Version  Versión Española  Versi Bahasa Indonesia  中文版 

Load More