ラノッキア、インテルで2度目のコッパ・イタリア優勝

2011年から2022年まで:待ちに待った2度目の優勝!

1/3
ラノッキア、インテルで2度目のコッパ・イタリア優勝 - ROME, ITALY - MAY 11: Andrea Ranocchia of FC Internazionale celebrate with the trophy after winning the Coppa Italia Final match between Juventus and FC Internazionale at Stadio Olimpico on May 11, 2022 in Rome, Italy. (Photo by Mattia Ozbot - Inter/Inter via Getty Images) || FC Internazionale Milano via Getty Images
ラノッキア、インテルで2度目のコッパ・イタリア優勝 - ROME, ITALY - MAY 11: Marcelo Brozovic of FC Internazionale and Andrea Ranocchia of FC Internazionale celebrate after winning the Coppa Italia Final match between Juventus and FC Internazionale at Stadio Olimpico on May 11, 2022 in Rome, Italy. (Photo by Mattia Ozbot - Inter/Inter via Getty Images) || FC Internazionale Milano via Getty Images
ラノッキア、インテルで2度目のコッパ・イタリア優勝 - FGR 0096288 GR

2011年以降、サッカー界でも、より一般的な世界でも、多くのことが変化した。インテルが最後にコッパ・イタリアを制したのは2011年であり(昨夜まで!)、それからの11年間、多くの選手が現れては去っていった。しかし、ネラッズーリのスター選手で両方の優勝に貢献した選手が一人いた。

2011年の決勝戦では、アンドレア・ラノッキアはスタメンに名を連ね、レオナルド率いるインテルはサミュエル・エトーのドッピエッタとディエゴ・ミリートのゴールによりパレルモに3-1で勝利した。あれから11年、シモーネ・インザーギ監督率いるチームは勝ち進み、コッパ・イタリア決勝ではユヴェントスを4-2で下した。

決勝戦が始まる前、ラノッキアは自分にとっての意味について、その思いを語った。「2011年の優勝は、私にとってインテルでの初めてのトロフィーでした。スタディオ・オリンピコでのパレルモとの試合は素晴らしい思い出です。とてもエキサイティングでした。3冠を達成した英雄たちとピッチを共にし、試合終了のホイッスルが吹かれたときの喜びは計り知れないものだった。そのときの感動は、今でも忘れられません。子供の頃からインテルのようなビッグチームでプレーするのが夢だった。このジャージを何年も着ることができて本当に光栄だ。」

今年、彼は決勝戦には出場しなかったが、インテルは大会序盤に彼が貢献したことを間違いなく覚えており、感謝していることだろう。水曜日の勝利で、彼はインテルでのトロフィー獲得数を4つに伸ばした。


Versión Española  English Version  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana 

Load More