マロッタ:「これからもファンにもっとたくさんの喜びを与えたい。」

マロッタ:「これからもファンにもっとたくさんの喜びを与えたい。」

シーズン最終戦を終えたスポーツCEOが「このクラブはファンと共に、さらに上を目指すことができる」

ミラノ – ジュゼッペ・マロッタは、インテルがセリエAで2位になり、スーパーカップとコッパ・イタリアのトロフィーを獲得した後、2021/22キャンペーンは成功した1年だったと振り返った。

ネラッズーリのサンプドリアに対する3-0の勝利の後、スポーツCEOは「我々はACミランに祝福を送りたい。だが、インテルもオーナーやいつも非常に協力的な会長、経営陣やファンも祝福したい。今シーズン120万以上のインテリスティが我がチームをスタジアムで応援してくれ、この数字はクラブとその歴史、そしてトロフィーの数々を表すことにふさわしい数字だ。

「この3シーズンで、誰よりも多くの勝ち点を稼いだだけでなく、順位やトロフィーの面でも最高だったと言えることを、私はとても誇りに思い、これからもこの道を進みます。これからも簡単ではないと思うが、我々は強いクラブであり、ファンのためにこれからもたくさんの喜びを与えてると確信している。

「選手にも感謝したい。試合終了のホイッスル後に見せてくれたように、彼らはトップクラスのプロフェッショナルであることを証明してくれた。また、若く、常に前向きな監督を誇りに思う。

「私たちの将来は、持続可能で競争力のあるものでなければならない。この2つの要素は密接につながっているものであり、このクラブは企業部門とスポーツ部門の両方において、素晴らしい専門知識、そして最善を尽くしたい思いという願望を持っています。

「オーナーたちはいつも私たちの味方で、会長のスティーヴン・チャンは常に私たちをサポートしてくれています。彼らや優れたファンと共に、我々は成功を収め続けられると確信しています。 

「移籍市場は常に非常に難しいものですが、私たちは野心的です。クラブ幹部として責任を持って、クラブの持続可能性を確保することを考えなければならないのは当然ですが、先ほども言ったように、持続可能性と競争力を両立させることは可能です。

「我々はトップレベルの経営陣を持っており、ピエロ・アウシリオ、ダリオ・バッチン、そしてハビエル・サネッティの助けを借りて、監督のために競争力のあるチームを編成することができると確信している。我々の移籍ビジネスは、間違いなくインテルにふさわしいものになるだろう。すべてのクラブがそうであるように、我々はシーズンを評価し、選択肢を検討するためにしっかり話をする。」


中文版  Versione Italiana  Versión Española  English Version  Versi Bahasa Indonesia 

Load More