エトオ:「サッカーでは、夢を見ることだって可能」

「巻き返すのは難しいと思えるけど、まだ何も決まったわけではない。そういえばバルサにいたころも………」

ミラノー スカイスポーツ局のインタビューに応じたサミュエル・エトオは、微笑みながら「僕がバルセローナでプレーしていた頃、ヘタフェとの対戦でファーストレグはウチが5-1で勝っていたのに、セカンドレグで4-0で負けて、バルサが敗退してしまったこともあったっけ………」と過去の経験を振り返り、普通に考えれば不可能と思われる逆転勝利について語った。

インテルに話を戻したエトオは、シャルケ04とのセカンドレグについてこう発言。「今の時点で、巻き返すことは難しいと思えるのは当然だけど、サッカーでは何が起きてもおかしくない。夢を見ることだって可能なんだよ。インテルは、いい試合をやって勝ち進む可能性を持ったチームだ。セリエAにしても、終わりまでまだ2ヶ月あるわけだからね」


 English version  Versione Italiana 

読み込み中