ファラオーニ:「信頼してくれる監督とクラブに感謝」

「このチームの偉大なカンピオーネたちの隣にいてもおかしくないようにベストを尽くしています」

[モンザ] 今夜のキエーヴォ戦では、マルコ・ダヴィデ・ファラオーニの出来が際立っていた。ミリートの先制点も、ファラオーニの絶妙な敵陣への切り込みとクロスから生まれたのだった。「僕は僕に出来る限りのことをやろうとして頑張るだけです。本当のことを言うと、今夜はもっと貢献したかったのです」。試合終了後、インテルチャンネルのマイクを前にファラオーニはこう語った。終盤では、変化を付けたシュートでゴールを狙う場面もあったが…。「もしもあれが決まってたら、素晴らしかったでしょうね。でも、何よりも大事なのはチームの勝利に貢献することです。僕は、出来るだけ早く成長したいと思っています。このチームの偉大なカンピオーネたちの隣にいてもおかしくないようになるために、ベストを尽くしています。信頼を寄せてくれる監督、そしてクラブとチームのみんなに感謝しています」

広報部 


 English version  Versione Italiana 

読み込み中