出場試合数
153
Goal
53
勝利
Nazionalita
DE
勝利
Lothar Matthäus
Midfielder
「バイエルンに移籍し、加入初年度でリーグ優勝を果たした。今、私はインテルにいる。同じことがもう一度起きるだろう」と自信を持って自己紹介を行ったローター・マテウスはこの主張を事実に裏付ける必要があると分かっていた。同ドイツ人がインテリスタとして最初のシーズンをスタートしたが、リーグ戦はタフだった。リーグタイトルを懸けて戦うライバルとして前年のリーグ覇者でオランダ人選手を擁するACミラン、マラドーナがいたナポリ、バッジョのフィオレンティーナ、ラウドルップのユヴェントス、ヴィアリとマンチーニが先頭に立っていたサンプドリアがいたからだ。しかしインテルは最終的に完璧に構築されたチームとなり、特に当時27歳の背番号10を纏ったマテウスがその中心にいた。

ローター・マテウスはドイツでは主にボランチまたはセンターハーフとしてプレーしていたが、インテルではマンドルリーニとマッテオッリがそのポジションを務めていた。よってインテル加入最初のシーズン、ローターは司令塔のポジションにスイッチしてリーグ戦32試合に出場して重要な9ゴールを決めた。

ローター・マテウスを言葉で表す時、彼のチームメイト全員が同じような意見を持っていた:「彼が試合に勝つと決めた瞬間から、彼は勝ち取るんだ」。マテウスは究極のゲームを変える選手だった。さらに技術的、モラル的にリーダーシップをチームのために発揮し、チームメイトにポジティブさを与えていた。イタリアに到着後、彼はチームがアウェイ戦では引き分け、ホーム戦では勝利が十分だと耳にした。しかし、エミリアでのアウェイ戦を前に彼はチームメイトにこう言った:「引き分け?今日は4-0で勝つ」 - マテウスは最終的に間違っていた。試合後、スタディオ・レナート・ダッラーラのスコアボードは、ボローニャ0インテル6が表示されていたのだ。

サン・シーロは彼を愛した。1990年イタリアW杯でドイツ代表が修復を終えたメアッツァで5度試合をした時もマテウスを応援していた。クルヴァ・ノルド(北側ゴール裏)は頻繁にインテルファンで埋め尽くされた。彼らはマテウスを応援するためにその場に足を運び、3度目のW杯優勝制覇を達成したドイツ代表を助けていた。

引き換えにローターは同年、バロンドールをサン・シーロで掲げた。カリスマ性を持ち、結合能力のレアなスキルを兼ね備えた選手にとって相応しい賞だった。彼は重要な場面で勝敗を決めた。例えば結果的にスクデットを獲得した1989年、マラドーナを擁するナポリ戦で勝利を呼び込んだ強烈なフリーキック、そして1991年UEFAカップ決勝戦で豪快に叩き込んだペナルティーキックでのゴールだ。

マテウスは自身のキャリアの中で最も重要な時間だったネラッズーリとの素晴らしい4年間を楽しんだ。1998年フランスW杯で自身のキャリア5度目のW杯出場を成し遂げ、この記録は未だに破られていない。彼は他のクラブで成功を手にしたが、インテルは彼にとって特別なクラブだった。そして全インテリシティにとってマテウスは特別な選手だったことは今後も変わらない。当時、子供たちが外でサッカーをしていた時、彼らはプラティニ、マラドーナ、ファン・バステン、バッジョ、マンチーニではなくローター・マテウスになりたいと望んでいた。

シェア