試合結果

2012年8月9日 20:45

Inter
Hajduk Split
13' (2nd half) Vukovic
23' Vukusic (PK)
主審 Clément Turpin / 副審 Gringore, Danos / 第4審判 Varela
試合ハイライトを視聴する
レポート
レポート
ハビエル・サネッティ
7.44
7.44
エステバン・カンビアッソ
4.35
4.35
ワルテル・サムエル
3.79
3.79
ディエゴ・ミリート
4.37
4.37
ヴェスレイ・スナイデル
5.75
5.75
フィリッペ・コウチーニョ
6.28
6.28
アンドレア・ラノッキア
4.74
4.74
長友・佑都
5.63
5.63
ジョナタン・モレイラ
4.51
4.51
フレディ・バスケス
5.74
5.74
イブラヒマ・エムバイエ
4.96
4.96
サムエレ・ロンゴ
5.55
5.55
マティアス・シルベストレ
5.3
5.3
サミル・ハンダノヴィッチ
6.58
6.58
チーム<br>平均点5.36
6枠内シュート4
13枠外シュート6
5ファウル12
4CK2
3オフサイド1
62%ポゼッション38%
DA IMPLEMENTARE
勝(0)分(0)敗(1)

[ミラノ] 今シーズンの“ジュゼッペ・メアッツァ”の初戦、インテルは納得のいくようなゲームが出来なかった。勝利に執念を燃やすハイデュクは23分にヴクシッチがPKを、58分にはヴコヴィッチがゴールを決め、ゲームを0-2としたが、ネラッズーリはファーストレグでの0-3の勝利のアドバンテージを守りきり、辛うじてヨーロッパリーグの出場を賭けたプレーオフへの出場権を得た。

前半:ヨーロッパリーグ予選3回戦の対ハイデュク戦、これが、今季のインテルの"ジュゼッペ・メアッツァ"での公式戦、初のホームゲームとなる。この試合、ストラマッチョーニ監督はセンターバックコンビをラノッキアとサムエル、サイドバックには右にジョナタン、左にエムバイェでDFラインを構成、ゴールマウスにはハンダノヴィッチを据えた。中盤はサネッティ、カンビアッソ、グアリン、トップ下のポジションにはスナイデルとコウチーニョ、ワントップにミリートを据えてゲームに臨んだ。キャプテン・サネッティにとっては、これがインテルでの公式戦799試合目となる。
ハイデュクのキックオフでゲームは開始。6分にサムエルにイエローカード。その直後、ミリートとマロカが空中戦で衝突、ミリートは頭を負傷、包帯を巻いてプレーすることになった。この衝突でマロカは負傷退場、ハイデュクベンチは代わりにヨニッチを投入した。
12分にグアリンがハーフウェーライン近くでボールを失い、インテルはピンチを招く。ヴコヴィッチが中に切り込んでシュートを放つも、ハンダノヴィッチがこれを防ぐ。
15分にはインテルにとって最初のビッグチャンス。サネッティのクロスからコウチーニョがシュートを放つが、ブラジェヴィッチは辛うじてパンチングでコーナーに逃げた。さらに、今度はサネッティからのグラウンダーのクロスにコウチーニョが合わすが、シュートは惜しくもクロスバーを叩いた。
22分、サムエルがエリア内でヴコヴィッチを倒し、ハイデュクにPKが与えられる。これをヴクシッチが決め、ハイデュクが先制点を奪った。インテル0-1ハイデュク。
24分にはインテルのピンチ。ハンダノヴィッチがミリッチと1対1の局面になるが、グラウンダーのシュートをブロックして追加点を防ぐ。26分にはスナイデルからのパスをコウチーニョが相手DFの隙間を狙うかのようなシュートを放ったが、ほんのわずか枠を外した。29分には、グアリンがアンドリアシェヴィッチに倒され、インテルは好位置でのフリーキックをゲット。だが、スナイデルのフリーキックは相手の壁に当たる。36分には。グアリンがエリア外から中央から右足の強烈なミドルシュートを放つが、ブラジェヴィッチがこれをキャッチする。39分にはジョナタンからのパスをミリートが右足で相手DFの頭を越すようなシュートを打つが、ボールは惜しくもクロスバーの上に外れた。45分にはコウチーニョが鮮やかなボレーシュートを放つが、ボールはほんのわずかクロスバーの上に外れた。ロスタイムに入って1分、コウチーニョが今度はグラウンダーのシュートを打ったが、ブラジェヴィッチがこれをセーブ。2分間のロスタイムの後、前半はハイデュクの0-1のリードで終了した。

後半:ハーフタイム時の選手交代はなし。後半5分、ヴクシッチがインテルゴールマウスに迫るが、ハンダノヴィッチがタイミング良く飛び出し、身を挺してこれを防ぐ。10分、ラドシェヴィッチにイエローカード。その直後、インテルはメンバー交代。エムバイェに代わって長友が入る。
13分、ハイデュクが追加点を奪う。ヴコヴィッチが右からのクロスのボールをコントロール、右足のインステップで強烈なシュートを叩き込んだ。インテル0-2ハイデュク。
24分にはインテルにもチャンス。コーナーキックのボールをラノッキアが強烈なヘッドを打つが、ハイデュクDF陣はこれをコーナーに逃れた。
20分、長友が左サイドを突破、低い弾道のクロスをフィードするが、ブラジェヴィッチがコーナーに弾き出す。28分には長友が右足のシュートを試みるが、ブラジェヴィッチがこれをキャッチ。その直後、スナイデルのシュートもブラジェヴィッチに防がれる。
34分にはインテルのピンチ。ヨジノヴィッチのパスを受けたヴコヴィッチがシュートを打つが、ボールはわずかに枠を外れた。インテルにとっては冷や汗ものの瞬間だった。インテルも36分に決定的なチャンス。グアリンからの完璧なパスを受けたロンゴがシュートを打つが、ブラジェヴィッチがこれを辛うじて足でセーブした。
3分間のロスタイムの後、主審は試合終了の笛を吹いた。ファーストレグの0-3の勝利の後に0-2の敗戦を喫したが、累計で3-2、インテルはヨーロッパリーグ出場を賭けたプレーオフ進出を決めた。明日、ニヨンで抽選会が行われ、インテルのプレーオフの相手が決まる。


インテル対ハイデュク・スプリト: 0-2
得点者:
前半23分 ヴクシッチ(PK)、後半13分 ヴコヴィッチ

インテル:1 ハンダノヴィッチ;4 サネッティ、7 コウチーニョ(後半18分、81 ロンゴ)、10 スナイデル(後半39分、6 シルベストレ)、14 グアリン、19 カンビアッソ、22 ミリート、23 ラノッキア、25 サムエル、33 エムバイェ(後半10分、55 長友)、42 ジョナタン
控え選手:27 ベレツ、16 ムディンガイ、24 ベナッシ、88 リヴァヤ
監督:アンドレア・ストラマッチョーニ

ハイデュク・スプリト:1 ブラジェヴィッチ;4 ミリッチ、5 ミロヴィッチ、6 ヴルシャエヴィッチ、7 アンドリアシェヴィッチ(後半14分、18 ツァクタシュ)、11 オレムス、13 ヴクシッチ、14 ラドシェヴィッチ、17 ヨジノヴィッチ、22 マロカ(前半10分、27 ヨニッチ)、24 ヴコヴィッチ(後半38分、16 ルスティカ)
控え選手:19 ヴグデリヤ、3 ストヤノヴィッチ、9 マグリカ、20 オゾビッチ
監督:ミショ・クルスティチェヴィッチ  

主審:クレマン・テュルパン氏(フランス)
警告:前半6分 サムエル、後半10分 ラドシェヴィッチ、13分 ヴコヴィッチ、17分 ヴルシャエヴィッチ、
ロスタイム:前半2分、後半3分

広報部

先発メンバー

Handanovic 1Blazevic
Zanetti 4Milic
Coutinho 7Milovic
Sneijder 10Vrsajevic
Guarin 14Andrijasevic
Cambiasso 19Oremus
Milito 22Vukusic
Ranocchia 23Radosevic
Samuel 25Jozinovic
Mbaye 33Maloca
Jonathan 42Vukovic

ベンチ

Belec 27Vugdelija
Silvestre 6Stojanovic
Mudingayi 16Maglica
Benassi 24Lustica
Nagatomo 55Caktas
Longo 81Ozobic
Livaja 88Jonjic