試合結果

2015年2月23日 21:00

Cagliari
29' (2nd half) OG Carrizo
Inter
23' (2nd half) Icardi
2' (2nd half) Kovacic
主審 Paolo Mazzoleni / 副審 Giallatini, Pegorin / 第4審判 Dobosz / 追加審判 Doveri, Ghersini
試合ハイライトを視聴する
レポート
レポート
ダヴィデ・サントン
7.13
7.13
フアン・ジェズス
5.43
5.43
フレディ・バスケス
6.73
6.73
ズドラフコ・クズマノヴィッチ
5.71
5.71
マテオ・コヴァチッチ
6.99
6.99
フアン・パブロ・カリーソ
6.89
6.89
ウーゴ・カンパニャーロ
5.04
5.04
マウロ・イカルディ
7.76
7.76
アンデルソン・エルナネス
6.48
6.48
ネマニャ・ヴィディッチ
6.42
6.42
ピレス・リベイロ・ドド
5.55
5.55
ガリー・メデル
6.84
6.84
5.15
5.15
マルセロ・ブロゾヴィッチ
6.37
6.37
チーム<br>平均点6.32
5枠内シュート9
8枠外シュート10
19ファウル21
8CK7
4オフサイド1
39%ポゼッション61%
勝(12)分(18)敗(6)

カリアリ発-インテルは今夜スタディオ・サンテリアでカリアリを1-2で下しリーグ戦で3連勝し最多記録を飾った。マテオ・コヴァチッチが先制点を挙げ、先読みしたパスを繰り出したマウロ・イカルディが追加点を挙げるなどカリアリを苦しめ、ネッラズーリの活躍が見られた。

ドンサーが良い位置からシュートを放つなどカリアリは前半開始からインテルに脅威を与える展開。ジャンフランコ・ゾラ監督は試合開始の猛攻で何とか得点を挙げることを望んでいたものの、現実には打つ術がなかった。インテルは前半においてボール保持率69%、パス成功率87%、カリアリのゴールポストめがけたシュート数は5本にもののぼり相手へと突き進む努力を見せる。

試合開始8分にネッラズーリはカリアリの門をたたく。グアリンがバックポストから1ヤードの位置、観客を魅了するオーバーヘッドキックでシュートするも枠をとらえられない。それから10分後にはポドルスキにとって得点を入れる初めてのチャンスが訪れる。イカルディが見事にボールを保持し、ロッセティーニが滑り込んでポドルスキの動きを封じる動きを見せる。ポドルスキはDF2人を交わし、さらに左のブルキッチを交わすもシュートを放つことができない。ブロゾヴィッチがポストに何とか迫るも攻撃に失敗。カリアリは危機を何とかしのいだ。

インテルは血のにおいをかぎ分け、グアリンとサントンが離れた位置から何とかシュート決めようと試みる。カリアリは非常に押される展開になりつつも、チョップが前半36分にネッラズーリのエリアに脅威を与える。カンパニャーロが前へと繰り出し、危機を切り替えす。ハーフタイムの笛が鳴る数分前グアリンがカリアリの中央へと強烈なパスを放つと運よくタッチラインの前にいたポドルスキの前にパスが回る。ポドルスキはうまくパスに合わせボールをヘディングで合わせるもブルキッチの守りとともに前半終了の笛が鳴った。

前半がスコアレスで終わるものの、ネッラズーリには後半が進む中、ブレークスルーを見出すためには120秒を必要とした。コヴァチッチがイカルディへと絶妙なバックヒールパスを流し、イカルディは攻撃の手を緩めることなくボールを押し込むも跳ね返ったボールをコヴァチッチがゴールに沈め、インテルに先制点をもたらした。

このゴールがロッソブルーの目を覚ますことになり、ドンサーがこの動きに反応する。カリアリは絶え間ないプレッシャーを与える流れを何とか作り上げ、コッソのシュートはインテルゴールを守るカリーソのファインセーブでその流れを止める。

コヴァチッチがピンポイントでパスをイカルディへ。イカルディは左からのアングルからシュートを放つべくカプアーノを交わしブルキッチのそばを過ぎるシュートを放つ。インテルにはこの試合を終えたものだと考える時間を許されたものに思えた。しかしゾラ監督率いるカリアリにはほかの考えがあった。

カリアリがゴールを押し込みホームファンからの雄たけびが上がる。レンタル移籍のインテルの選手であるロンゴがゴールを決める。エリア内にいたロンゴの右足から放たれたシュートをカリーソが抑えられず、ボールはラインを割りスタディオ・サンテリアが狂喜に包まれた。

試合はそのままインテルが逃げ切り、ロッソブルーの攻撃を抑え、与えられた仕事を正確にこなした。

 

 

 

 

 

カリアリ 1-2 インテル
得点: 74'カリーソ(O.G.) / 47'コヴァチッチ, 68'イカルディ

カリアリ: 44 ブルキッチ; 16 デッセーナ, 15 ロッセッティーニ, 33 カプアーノ, 8 アヴェラール, ; 30 ドンサー, 5 コンティ, 4 クリセティグ(72'32 チェッピテッリ), ; 40 ムポク, 7 コッス; 90 チョプ(56'9 ロンゴ).
控え: 1 コロンビ, 27 クラーニョ, 2 ゴンザレス, 3 ムッル, 9 ロンゴ, 10 ジョアン・ペドロ, 14 ピサーノ, 17 ファリアス, 22 フシュバウエル, 32 チェッピテッリ, 37 ディアキテ.
監督: ジャンフランコ・ゾラ.

インテル: 30 カリーソ; 14 カンパニャーロ, 15 ヴィディッチ, 5 ファン・ジェズス, 21 サントン; 13 グアリン, 18 メデル, 77 ブロゾヴィッチ(83'88 エルナネス); 10 コヴァチッチ; 9 イカルディ, 11 ポドルスキ(82'22 ドド).
控え: 46 ベルニ, 6 アンドレオッリ, 17 クズマノヴィッチ, 20 オビ, 22 ドド, 23 ラノッキア, 28 プスカス, 33 ダンブロージオ, 88 エルナネス, 91 シャキリ, 93 ディマルコ.
監督: ロベルト・マンチーニ.

警告: 39'チョプ, 91'アヴェラール / 13'ブロゾヴィッチ, 89'カンパニャーロ

主審: マッツォレーニ.
副審: ジャラッティーニ, ペゴリン.
第4審判: ドボズ.
予備審判: ドヴェリ,ゲルジーニ.

先発メンバー

Brkic 4430 Carrizo
Dessena 1614 Campagnaro
Rossettini 1515 Vidic
Capuano 335 Jesus
Avelar 821 Santon
Donsah 3013 Guarin
Conti 518 Medel
Crisetig 477 Brozovic
Cossu 710 Kovacic
Mpoku 4011 Podolski
Cop 909 Icardi

ベンチ

Colombi 146 Berni
Gonzalez 26 Andreolli
Murru 38 Palacio
Longo 917 Kuzmanovic
Joao Pedro 1020 Obi
Pisano 1422 Dodò
Farias 1723 Ranocchia
Barella 1828 Puscas
Husbauer 2233 D'Ambrosio
Cragno 2788 Hernanes
Ceppitelli 3291 Shaqiri
Diakhité 3793 Dimarco