試合結果

2018年12月2日 20:30

Roma
29' (2nd half) Kolarov (PK)
6' (2nd half) Under
Inter
21' (2nd half) Icardi
37' Balde
主審 Gianluca Rocchi / 副審 Preti, Costanzo / 第4審判 Di Bello / 追加審判 Fabbri, Valeriani
試合ハイライトを視聴する

レポート
レポート

サミル・ハンダノヴィッチ
5.62
5.62
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
マウロ・イカルディ
6.39
6.39
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
ダニーロ・ダンブロージオ
6.25
6.25
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
マルセロ・ブロゾヴィッチ
4.87
4.87
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
イヴァン・ペリシッチ
3.33
3.33
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
ジョアン・マリオ
5.74
5.74
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
ミラン・シュクリニアル
6.32
6.32
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
イグレシアス・ボルハ・バレロ
5.69
5.69
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
マティアス・ベシーノ
5.28
5.28
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
マッテオ・ポリターノ
5.45
5.45
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
ラウタロ・マルティネス
5.18
5.18
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
クワドォー・アサモア
6.3
6.3
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
ステファン・デ・フライ
6.26
6.26
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
ケイタ・バルデ
6.62
6.62
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
チーム<br>平均点 5.67 採点を 送信
5 枠内シュート 7
8 枠外シュート 4
10 ファウル 15
5 CK 6
1 オフサイド 4
45% ポゼッション 55%
勝(28) 分(24) 敗(36)

 ローマ発 – スタディオ・オリンピコで行われたセリエA TIM第14節は、エモーショナルでゴールの多い試合となった。ネラッズーリはケイタイカルディのゴールによって2度リードを奪ったものの、それぞれウンデルとコラロヴに同点弾を決められ、最終的に2-2の引き分けに甘んじることとなった。インテルの現在の勝点数はナポリと同数の29ポイントで、リーグ2位となっている(アンチェロッティ率いるナポリは、まだこれからアタランタとの試合を予定している)。

 両チームとも試合冒頭から積極的に攻撃を仕掛ける。11分、この日最初の良いチャンスを手にしたのはインテルだ。しかし至近距離からのケイタのシュートはローマGKオルセンにセーブされる。その3分後には対戦相手にもチャンスが訪れたが、フロレンツィのシュートはハンダノヴィッチが落ち着いて防ぐ。20分にはダンブロージオのクロスにペリシッチが頭で合わせたがボールは残念ながらクロスバーを越え、その3分後にはジョアン・マリオアサモアのクロスにタイミングを合わせられず、フィニッシュに持ち込めなかった。対するローマは26分、この日最初のビックチャンスを手にする。シックのバックヒールパスからフロレンツィが強烈なシュートを放ったが、これは右ポストに直撃した。

 その後、インテルに絶好のチャンスが訪れる。ブロゾヴィッチの絶妙なパスにイカルディが反応したものの、同選手のシュートはオルセンに阻止される。前半はゴール前のシーンが多く、32分にはザニオーロにシュートを許したがハンダノヴィッチが見事にセーブする。一方で、その3分後のケイタのヘディングシュートは再びオルセンに防がれた。しかし37分、ジョアン・マリオのパスを受けたダンブロージオがクロスを挙げると、ケイタがヘディングシュートを叩きこんでインテルに先制ゴールをもたらす。これで同選手は、リーグ直近2試合で計3ゴールを記録したことになった。ホームチームのローマは40分、コラロヴがFKから直接ネラッズーリのゴールを狙ったが、ハンダノヴィッチが素晴らしい反応でこれを防いだ。

 1点のリードで前半を終えたインテルだったが、後半開始直後の51分に力強い左足シュートでウンデルに同点ゴールを決められてしまう。両チームが拮抗するなか、エンゾンジにチャンスが訪れるが、同選手のシュートはシュクリニアルが身体でブロックする(55分)。ローマの激しいプレッシングに対抗すべく、インテル監督スパレッティはケイタに代えてポリターノをピッチに送り出した。

 そして66分、ブロゾヴィッチのパーフェクトなCKからマウロ・イカルディがヘディングシュートを決めて、1-2と再びリードを奪う。これはインテル主将にとって今季8ゴール目となった。しかしこのインテルのリードも長くは続かなかった。72分、PA内でブロゾヴィッチがハンドをとられ、VARの指摘後、主審からローマにPKが与えられた。これをコラロヴが左足でゴール右に決め、スコアは2-2となった。

 終盤の15分には、両チームとも勝者となるチャンスは十分にあったものの、どちらのチームも決勝ゴールを決められない。スパレッティはペリシッチとボルハ・バレロに代わってラウタロベシーノを投入するが、この策が最終スコアに影響を与えることはなかった。85分にはポリターノがチャンスを手にするが、同選手のシュートはフアン・ジェズスにブロックされる。また、試合終了直前のブロゾヴィッチのミドルシュートはオルセンにセーブされた。5分間のアディショナルタイムが終わり、スタディオ・オリンピコで行われたローマ対インテル戦は2-2の引き分けで幕を閉じた。

 ネラッズーリは12月7日(金)に行われる次節もアウェイで臨むことになる。対戦相手はユヴェントスだ。

 永遠に #ForzaInter!

ローマ 2-2 インテル
得点者:37分ケイタ、51分ウンデル、66分イカルディ、74分コラロヴ(PK)

ローマ:1 オルセン;18 サントン(69分 34 クライファート)、44 マノラス、5 フアン・ジェズス、11 コラロヴ;4 クリスタンテ、42 エンゾンジ;24 フロレンツィ、22 ザニオーロ(77分 8 ペロッティ)、17 ウンデル(83分 27 パストーレ)、14 シック
ベンチ:83 ミランテ、63 フザト、3 ペッレグリーニ、15 マルカノ、53 リッカルディ、60 セラー
監督:エウゼビオ・ディ・フランチェスコ

インテル:1 ハンダノヴィッチ; 33 ダンブロージオ、37 シュクリニアル、6 デ・フライ、18 アサモア;20 ボルハ・バレロ(80分 8 ベシーノ)、77 ブロゾヴィッチ;11 ケイタ・バルデ(62分 16 ポリターノ)、15 ジョアン・マリオ、44 ペリシッチ(80分 10 ラウタロ); 9 イカルディ
ベンチ:27 パデッリ、2 ヴルサリコ、5 ガリアルディーニ、13 ラノッキア、23 ミランダ、87 カンドレーヴァ
監督:ルチアーノ・スパレッティ

イエローカード:アサモア、コラロヴ
アディショナルタイム:0+5分

主審:ロッキ
副審:プレティ、コスタンツォ
第4審判:ディ・ベッロ
VAR:ファブリ、ヴァレリアーニ

先発メンバー

Olsen 1 1 Handanovic
Santon 18 33 D'Ambrosio
Manolas 44 37 Skriniar
Juan Jesus 5 6 de Vrij
Kolarov 11 18 Asamoah
Cristante 4 20 Valero
Nzonzi 42 77 Brozovic
Florenzi 24 44 Perisic
Zaniolo 22 15 Joao Mario
Under 17 11 Balde
Schick 14 9 Icardi

ベンチ

Mirante 83 27 Padelli
Fuzato 63 2 Vrsaljko
Pellegrini Lu. 3 5 Gagliardini
Perotti 8 8 Vecino
Marcano 15 10 Martínez
Pastore 27 13 Ranocchia
Kluivert 34 16 Politano
Riccardi 53 23 Miranda
Celar 60 87 Candreva

Choose the action and relive the game in every single detail.