試合結果

2019年3月31日 20:30

Inter
Lazio
13' Milinkovic
主審 Paolo Mazzoleni / 副審 Bindoni, Vivenzi / 第4審判 Abbattista / 追加審判 Rocchi, Di Liberatore
試合ハイライトを視聴する

レポート
レポート

サミル・ハンダノヴィッチ
7.26
7.26
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
ダニーロ・ダンブロージオ
4.21
4.21
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
マルセロ・ブロゾヴィッチ
3.7
3.7
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
ジョアン・ミランダ
4.86
4.86
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
イヴァン・ペリシッチ
3.68
3.68
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
アントニオ・カンドレーヴァ
3.03
3.03
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
ジョアン・マリオ
3.4
3.4
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
ミラン・シュクリニアル
4.58
4.58
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
イグレシアス・ボルハ・バレロ
3.73
3.73
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
マティアス・ベシーノ
3.96
3.96
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
ラジャ・ナインゴラン
4.42
4.42
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
マッテオ・ポリターノ
4.71
4.71
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
クワドォー・アサモア
5.65
5.65
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
ケイタ・バルデ
4.83
4.83
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
チーム<br>平均点 4.43 採点を 送信
7 枠内シュート 5
5 枠外シュート 1
11 ファウル 14
12 CK 3
1 オフサイド 1
61% ポゼッション 39%
勝(43) 分(25) 敗(10)

 ミラノ発 – 今季セリエA第29節ラツィオ戦はインテルにとってタフなナイトマッチとなった。56,000人が訪れたサン・シーロの同一戦でネラッズーリは終始ボールを保持して何度も攻撃を試みたが、13分にミリコヴィッチ・サヴィッチがゴールを奪ってアウェイチームが勝利を収めた。スパレッティのチームは勝点53でリーグ戦3位を維持、勝点2差でACミラン、勝点5差でアタランタと1試合消化試合が少ない(ウディネーゼ戦)ラツィオがネラッズーリを追いかけている。

 来季チャンピオンズリーグ出場権争いの中にいる両チームは慎重なゲームスタートを切った。インテルは序盤、ショートカウンターからイヴァン・ペリシッチ(8分)、左サイドのセンタリングからマティアス・ベシーノ(9分)、右CKからのこぼれ球をミラン・シュクリニアル(9分)がラツィオゴールを立て続けに襲うもネットは揺らせず。一方でラツィオは最初のチャンスを活かす。13分、左サイドからルイス・アルベルトがセンタリングを送り、ファーサイドでミリコヴィッチ・サヴィッチが頭で押し込んだ。出鼻をくじかれたネラッズーリはボールをキープして主導権を握るが守備的なラツィオを攻略できない。ゴールチャンスが生まれないまま前半終盤を迎え、両チームが再び動きを見せる。まずラツィオが右サイドのFKからゴール前でバストスがヘディングシュート。だがサミル・ハンダノヴィッチが素晴らしい反応でCKに逃れた(42分)。その1分後にケイタ・バルデがベシーノとの連携で抜け出してボックス内から強烈な左足シュートを打つがストラコシャがセーブ(43分)。ハーフタイム直前にはインテルボックス中央手前でルイス・アルベルトがゴール右上隅を狙ったがハンダノヴィッチが片手で弾いてアウェイチームの追加点を許さなかった(45+2分)。

 1点を追いかけるインテルは後半開始から果敢に前線に攻め上がり、ペリシッチ(46分)、ポリターノ(47分)、ベシーノ(50分)が良い位置からゴールを目指すが、スコアは変わらず。ラツィオも55分にインモービレのタメから途中出場のカイセドがドリブルでシュクリニアルを抜き去りシュート。だがタイミングよく飛び出したハンダノヴィッチが体で止めて、インテルはピンチを逃れる。インテルはすぐにポリターノのカットインからのシュートで反撃に出るもボールは枠外(59分)。さらに65分、インテル背番号16は左CKのクリアボールを拾って弾丸シュートで狙ったがゴールバーの上。ルチアーノ・スパレッティは後半中盤からラジャ・ナインゴラン(74分)、アントニオ・カンドレーヴァ(79分)、ジョアン・マリオ(84分)をピッチへ送るが、効果的な攻撃を作ることができないインテルは両サイドから何度もセンタリングをゴール前に送る。だが集中を保ったラツィオ守備陣がしっかりと跳ね返し、最後まで打開策を見つけ出せなかったネラッズーリはホームで黒星を喫した。

 ネラッズーリは翌週に2度のリーグ戦が控えており、4月3日(水)にアウェイでジェノア戦、4月7日(日)はホームでアタランタを迎え撃つ。リーグ戦3位維持を目指すネラッズーリは同2試合を落とす余裕はない。

インテル 0-1 ラツィオ(前半0-1)
得点者:
ミリコヴィッチ・サヴィッチ(13分)

インテル:1 ハンダノヴィッチ; 33 ダンブロージオ(87 カンドレーヴァ 79分)、37 シュクリニアル、23 ミランダ、18 アサモア; 8 ベシーノ、77 ブロゾヴィッチ; 16 ポリターノ、20 ボルハ・バレロ(14 ナインゴラン 74分)、44 ペリシッチ;11 ケイタ・バルデ(15 ジョアン・マリオ 84分)
ベンチ:27 パデッリ、5 ガリアルディーニ、13 ラノッキア、21 セドリック、29 ダルベルト、61 コリーディオ
監督:ルチアーノ・スパレッティ

ラツィオ1 ストラコシャ;3 ルイス・フェリペ、33 アチェルビ、15 バストス;27 ロムロ、21 ミリンコヴィッチ・サヴィッチ、6 レイヴァ、10 ルイス・アルベルト(16 パローロ 67分)、19 ルリッチ(14 ドゥルミシ 86分);11 コレア(20 カイセド 27分)、17 インモービレ
ベンチ:23 グエリエリ、24 プロト、7 ベリシャ、13 ウォレス、25 バデリ、26 ラドゥ、32 カタルディ、66 ブルーノ・ジョルダン、77 マルシッチ
監督:シモーネ・インザーギ

イエローカード:-
アディショナルタイム:2+4分

主審:マッツォレニ
副審:ビンドーニ、ヴィヴェンツィ
4審判:アッバッティスタ
VARロッキ、ディ・レベラトーレ

先発メンバー

Handanovic 1 1 Strakosha
D'Ambrosio 33 3 Luiz Felipe
Skriniar 37 33 Acerbi
Miranda 23 15 Bastos
Asamoah 18 27 Romulo
Vecino 8 21 Milinkovic
Brozovic 77 6 Leiva
Politano 16 10 Luis Alberto
Valero 20 19 Lulic
Perisic 44 11 Correa
Balde 11 17 Immobile

ベンチ

Padelli 27 23 Guerrieri
Gagliardini 5 24 Proto
Ranocchia 13 7 Berisha
Nainggolan 14 13 Wallace
Joao Mario 15 14 Durmisi
Soares 21 16 Parolo
Dalbert 29 20 Caicedo
Colidio 61 25 Badelj
Candreva 87 26 Radu
32 Cataldi
66 Bruno Jordao
77 Marusic

Choose the action and relive the game in every single detail.