試合結果

2017年1月14日 20:45

Inter
48' (2nd half) Eder
41' (2nd half) Perisic
25' (2nd half) Icardi
ChievoVerona
34' Pellissier
主審 Piero Giacomelli / 副審 Claudio La Rocca, Gianmattia Tasso / 第4審判 Giorgio Schenone / 追加審判 Maurizio Mariani, Luigi Nasca
試合ハイライトを視聴する

レポート
レポート

ロドリゴ・パラシオ
6.65
6.65
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
サミル・ハンダノヴィッチ
6.4
6.4
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
マウロ・イカルディ
8.16
8.16
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
ダニーロ・ダンブロージオ
5.52
5.52
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
ジョフレイ・コンドグビア
7.55
7.55
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
ジョアン・ミランダ
7.1
7.1
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
ジェイソン・ムリージョ
6.58
6.58
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
イヴァン・ペリシッチ
8.17
8.17
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
エデル・チタディン・マルティンス
7.33
7.33
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
エベル・バネガ
6.46
6.46
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
クリスティアン・アンサルディ
6.15
6.15
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
アントニオ・カンドレーヴァ
6.39
6.39
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
ジョアン・マリオ
6.16
6.16
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
ロベルト・ガリアルディーニ
8.08
8.08
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
チーム<br>平均点 6.91 採点を 送信
15 枠内シュート 4
11 枠外シュート 0
10 ファウル 16
12 CK 2
0 オフサイド 2
67% ポゼッション 33%
勝(12) 分(4) 敗(1)

 ミラノ発 - インテルが2017年最初のホームゲームを迎えた。彼らは2016-17シーズンセリエA第20節インテル対キエーボ戦で観客を楽しませた。

 再び相手チームに先制点を許すが、インテルが最終的に3-1で勝利してリーグ戦連勝記録を5とした。

 インテルは試合開始から攻勢に進める。5分、カンドレーヴァがファーサイドに送ったクロスをペリシッチがシュートを放つが、ゴールとはならず。その2分後、インテルが再び攻撃を仕掛ける。コンドグビアがボールを奪取し、敵陣左サイドにいたジョアン・マリオにパスを送る。マリオはボールを受けると中に切り込み、イカルディとワンツーを試みるが、インテル主将のヒールパスは相手DFにインターセプトされてしまう。11分、イカルディがキエーボゴールに迫る。ガリアルディーニが左サイドを駆け上がってきたアンサルディにパスを送り、インテル左サイドDFがこの試合初のクロスを送る。ゴール前にいたイカルディの頭に合ったが、キエーボGKソレンティーノ右手に防がれる。

 18分、ガリアルディーニが初めてインテルファンに自身の能力を示す。左中央ボックス付近からシャープなミドルシュートを放つが、再びソレンティーノがニアポスト付近でセーブする。インテルは攻撃を続ける。ソレンティーノがカンドレーヴァのクロスシュートをなんとか弾くと、こぼれ球に反応したダンブロジーオがドリブルを試みるがゴールラインを割る。30分には、カンドレーヴァが再度、距離のある所からシュートを放つが、ソレンティーノが無難に防ぐ。しかし、キエーボがインテルから先制点を奪う。ビルサのCKからペリシアが右足で合わせ、前半終了前にゴールを決めた。

 38分、ガリアルディーニがキエーボをゴールを襲う。左からのクロスボールをゴール前に走りこんできたインテル新加入選手は体ごと飛込み、ボールをゴール方向へと運んだ。だが、ゴールライン手前でまたしてもソレンティーノがボールをかきだして、インテルにゴールを許さなかった。ペリシッチ、カンドレーヴァ、イカルディが前半終了前に同点ゴールを狙ったが、ゴールを決めることはなかった。

 ロランド・マランが後半開始直後から選手交代を行った。危険なビルサをベンチに下げ、イスコをピッチに投入し、フォーメーションを3-5-2に変更した。このシステム変更はインテルに特に影響を与えなかった。後半も前半同様にインテルが試合を支配する。一方、キエーボはカウンター狙いで戦っていた。52分にアーリークロスからペリシッチがヘディングシュートでゴールを狙うが、ソレンティーノが余裕をもってセーブをする。その10分後、エデルがキエーボペナルティエリア手前でFKを直接狙うが、ソレンティーノが鋭い反応でシュートを弾き、こぼれ球に反応したイカルディより速く、ダイネッリがボールをクリアした。だが、70分に右サイドからカンドレーヴァがゴール前にセンタリングをイカルディが態勢を崩しながらもボールに合わせ、待望の同点ゴールを奪った。

 インテルは攻める力を落とさなかった。CKを多く獲得し、相手ボックス付近でペリシッチ、ガリアルディーニ、イカルディに2点目を狙っていた。そして85分、インテルの粘り強さが逆転ゴールを生む。イカルディがフィールド中央付近でボールを奪取して、前にいたペリシッチにパスを送る。このクロアチア代表選手はドリブルで左ボックス内に侵入し、右足で反対サイドのゴールネットにボールを流し込んだ。後半アディショナルタイムに、途中出場を果たしたパラシオからのクロスをエデルが見事に右足でネットを揺らして試合を決めた。

 これでインテルはリーグ戦連勝記録を5に伸ばし、17日(火)夜にコパ・イタリアの試合に臨む。

インテル 3-1 キエーボ(前半0-1
得点者:
ペリシエ(34分)、イカルディ(70分)、ペリシッチ(85分)、エデル(90+3分)

インテル1 ハンダノヴィッチ; 33 ダンブロージオ、24 ムリージョ、25 ミランダ、15 アンサルディ(23 エデル 60分); 5 ガリアルディーニ7 コンドグビア; 87 カンドレーヴァ(8 パラシオ 82分)、6 ジョアン・マリオ19 バネガ 69分)、44 ペリシッチ; 9 イカルディ.
控え30 カリーソ、46 ベルニ、2 アンドレオッリ、11 ビアビアニー、21 サントン、27 ニュクリ、55 長友、95 ミアンゲ、96 バルボーサ
監督:スレファノ・ピオリ

キエーボ70 ソレンティーノ; 21 フレイ2 スポッリ 60分)、3 ダイネッリ5 ガンベリーニ18 ゴッビ19 カストロ(1 デ・グズマン 72分)、8 ラドヴァノヴィッチ8 バスティエ、23 ビルサ13 イスコ 46分); 69 ミアングエ、31 ペリシエ69 メッジョリーニ.
控え32 ブレッソン98 ゴンフェンテ12 チャサル45 イングレセ80 キイネ83 フローレス97 デパオリ
監督:ロマンド・ラマン

イエローカード:ビルサ(32分)、ラドヴァノヴィッチ(62分)、スポッリ(81分)
アディショナルタイム:
1+3

主審:ジャコメッリ
副審:ラ・ロッカ、タッソ
4審判:シェノーネ
追加審判:マニアーニ、ナスカ

先発メンバー

Handanovic 1 70 Sorrentino
D'Ambrosio 33 21 Frey
Murillo 24 3 Dainelli
Miranda 25 5 Gamberini
Ansaldi 15 18 Gobbi
Gagliardini 5 19 Castro
Kondogbia 7 8 Radovanovic
Candreva 87 28 Bastien
Joao Mario 6 23 Birsa
Perisic 44 69 Meggiorini
Icardi 9 31 Pellissier

ベンチ

Carrizo 30 32 Bressan
Berni 46 98 Confente
Andreolli 2 1 De Guzman
Palacio 8 2 Spolli
Biabiany 11 12 Cesar
Banega 19 13 Izco
Santon 21 45 Inglese
Eder 23 80 Kiyine
Gnoukouri 27 83 Floro Flores
Nagatomo 55 97 Depaoli
Miangue 95
Barbosa 96

Choose the action and relive the game in every single detail.