試合結果

2018年4月28日 20:45

Inter
20' (2nd half) OG Barzagli
8' (2nd half) Icardi
Juventus
44' (2nd half) Higuain
42' (2nd half) OG Skriniar
14' Douglas Costa
主審 Daniele Orsato / 副審 Di Fiore, Manganelli / 第4審判 Tagliavento / 追加審判 Valeri, Giallatini, Di Jorio
試合ハイライトを視聴する

レポート
レポート

ダヴィデ・サントン
2.69
2.69
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
サミル・ハンダノヴィッチ
4.53
4.53
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
マウロ・イカルディ
7.96
7.96
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
ダニーロ・ダンブロージオ
6.46
6.46
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
マルセロ・ブロゾヴィッチ
7.37
7.37
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
ジョアン・ミランダ
6.71
6.71
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
イヴァン・ペリシッチ
7.24
7.24
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
アントニオ・カンドレーヴァ
6.57
6.57
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
ミラン・シュクリニアル
7.28
7.28
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
イグレシアス・ボルハ・バレロ
4.38
4.38
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
マティアス・ベシーノ
3.22
3.22
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
ジョアン・カンセロ
6.68
6.68
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
ヤン・カラモウ
6.2
6.2
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
ラファエル・アルカンタラ・ド・ナシメント
7.62
7.62
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
チーム<br>平均点 6.06 採点を 送信
5 枠内シュート 4
4 枠外シュート 7
7 ファウル 15
2 CK 8
1 オフサイド 2
44% ポゼッション 56%
勝(43) 分(32) 敗(24)

 ミラノ発 –今季セリエA第35節インテル対ユヴェントス戦ではすべてのことが起きた。多くの時間帯を10人で戦ったインテルは敗北チームとしてサン・シーロを去った。ネラッズーリは勝点66でローマに勝点4差、明日トリノと顔を合わせるラツィオとは勝点差1で5位に位置している。

 試合開始から両チームは相手の出方を伺うように慎重な立ち上がりとなった。12分、アウェイチームのマンジュキッチにチャンスが訪れるがミラン・シュクリニアルがクリア。その1分後にユヴェントスが先制弾を奪う。クアドラードのクロスがファーサイドに流れ、コスタがトラップから左足を振り抜きネットを揺らした。その後すぐにVARでオフサイドの確認がされるもゴールは認められた。さらに15分、この試合の鍵となる出来事が起きる:マンジュキッチへファールを犯したマティアス・ベシーノがVARで確認された後にレッドカードをオルサト主審に提示されてしまう。試合の主導権はユヴェントスに渡ったが、インテルは安定したプレーを見せ、29分にはアントニオ・カンドレーヴァが強烈なロングシュートを放ってブッフォンが守るゴールを脅かす。両チームは決定機が作り出せず、前半アディショナルタイムに突入。そして前半アディショナルタイム5分に、マテュイディがゴール前の混戦から右足で得点を決めたかに見えたが、VAR判定後にオフサイドポジションにいたためゴールは取り消しとなった。

 交代なしで後半がスタートし、ボールを保持しながらリズムを作ったインテルが同点弾を叩き込む。敵陣右サイドでFKを得たネラッズーリはカンセロがキッカーを務め、ゴール前に素晴らしいボールを送る。そしてゴール前でマウロ・イカルディが頭でゴール左に流し込んだ(52分)。ユヴェントスも63分にイグアインが裏に抜け出してハンダノヴィッチと1対1のチャンスを迎えるもシュートは枠外。その120秒後にネラッズーリは意外な形で試合を引っ繰り返す:左サイドをペリシッチがドリブルで突破してゴール前に低いクロスを送る。イカルディを通り過ぎたボールはユヴェントスDFバルザーニのクリアミスでゴールに吸い込まれた。サン・シーロは歓喜に包まれ、10人のインテルが1点リードする状況となる。同点弾を狙うユヴェントスは途中出場のディバラが放った直接FKでインテルゴールを狙ったもののハンダノヴィッチがファインセーブで阻止(75分)。ネラッズーリもカウンター攻撃から追加点のチャンスを作り出す:ラフィーニャからパスを受けたカンドレーヴァがドリブルで相手敵陣内深くまで侵入してクロス。しかしゴール前にいたイカルディは触ることが出来ず。だが後半終盤、インテルに悪夢が待っていた。87分にクアドラードのクロスがシュクリニアルに当たってインテルゴールのネットを揺らし、89分にはディバラのFKからイグアインがヘディングシュートを放ちアウェイチームが勝ち越しに成功した。試合終了直前にはペリシッチがフリーでヘディングシュートを打ったが枠から外れ、インテルは敗北した。

 チャンピオンズリーグ出場権争いも残り3試合となり、ネラッズーリはもう勝点を取りこぼすことは出来ない。

インテル 2-3 ユヴェントス(前半0-1)
得点者:
コスタ(13分)、イカルディ(52分)、バルザーニ(65分、OG)、シュクリニアル(87分、OG)、イグアイン(89分)

インテル:1 ハンダノヴィッチ; 7 カンセロ、37 シュクリニアル、25 ミランダ、33 ダンブロージオ(17 カラモウ 93分);11 ベシーノ、77 ブロゾヴィッチ; 87 カンドレーヴァ、8 ラフィーニャ(20 ボルハ・バレロ 81分)、44 ペリシッチ;9 イカルディ(21 サントン 85分)
ベンチ:27 パデッリ、46 ベルニ、2 リサンドロ・ロペス、13 ラノッキア、23 エデル、29 ダルベルト、99 ピナモンティ
監督:ルチアーノ・スパレッティ

ユヴェントス:1 ブッフォン;7 クアドラード、24 ルガーニ、15 バルザーリ、12 サンドロ;6 ケディラ(10 ディバラ 61分)、5 ピャニッチ(30 ベンタンクール 80分)、14 マテュイディ;11 コスタ、9 イグアイン、17 マンジュキッチ(33 ベルナルデスキ 66分)
ベンチ:23 シュチェスニー、16 ピンソーリオ、3 キエッリーニ、4 ベナティア、8 マルキージオ、21 ヘーヴェデス、22 アサモア、26 リヒトシュタイナー
監督:マッシミリアーノ・アッレグリ

イエローカード:クアドラード、ピャニッチ、バルザーニ、マンジュキッチ、ダンブロージオ、サンドロ、ブロゾヴィッチ
レッドカード:ベシーノ
アディショナルタイム:6+5分

主審:オルサト
副審:ディ・フィオリ、マンガネッリ
4審判:タリアヴェント
VARヴァレリ、ジャッラティーニ

先発メンバー

Handanovic 1 1 Buffon
Cancelo 7 7 Cuadrado
Skriniar 37 15 Barzagli
Miranda 25 24 Rugani
D'Ambrosio 33 12 Alex Sandro
Vecino 11 6 Khedira
Brozovic 77 5 Pjanic
Candreva 87 14 Matuidi
Alcantara 11 Douglas Costa
Perisic 44 9 Higuain
Icardi 9 17 Mandzukic

ベンチ

Padelli 27 23 Szczesny
Berni 46 16 Pinsoglio
Lopez 2 3 Chiellini
Ranocchia 13 4 Benatia
Karamoh 17 8 Marchisio
Valero 20 10 Dybala
Santon 21 21 Howedes
Eder 23 22 Asamoah
Dalbert 29 26 Lichtsteiner
Pinamonti 99 30 Bentancur
33 Bernardeschi

Choose the action and relive the game in every single detail.