試合結果

2019年4月27日 20:30

Inter
8' Nainggolan
Juventus
17' (2nd half) Ronaldo
主審 Luca Banti / 副審 Vuoto, Manganelli / 第4審判 Doveri / 追加審判 Mazzoleni, Ranghetti
試合ハイライトを視聴する

レポート
レポート

サミル・ハンダノヴィッチ
5.51
5.51
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
マウロ・イカルディ
4.85
4.85
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
ダニーロ・ダンブロージオ
6.16
6.16
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
マルセロ・ブロゾヴィッチ
6.07
6.07
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
イヴァン・ペリシッチ
5.78
5.78
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
ジョアン・マリオ
4.7
4.7
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
ミラン・シュクリニアル
6.42
6.42
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
イグレシアス・ボルハ・バレロ
5.68
5.68
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
マティアス・ベシーノ
5.15
5.15
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
ラジャ・ナインゴラン
6.93
6.93
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
マッテオ・ポリターノ
6.39
6.39
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
ラウタロ・マルティネス
6.23
6.23
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
クワドォー・アサモア
6.14
6.14
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
ステファン・デ・フライ
6.73
6.73
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
チーム<br>平均点 5.91 採点を 送信
6 枠内シュート 3
8 枠外シュート 6
12 ファウル 12
10 CK 4
1 オフサイド 2
55% ポゼッション 45%
勝(43) 分(32) 敗(24)

 ミラノ発 – 27日(土)、サン・シーロで開催された今季セリエA第34節インテル対ユヴェントス戦は前後半に1点ずつ生まれ、73,000人が足を運んだ同試合は引き分けとなった。ナインゴランが7分にスーパーゴールを決め、後半にクリスティアーノ・ロナウドが同点ゴールを奪った。この結果、ルチアーノ・スパレッティ率いるチームは勝点を62に積み上げて今季残り4節を戦う。

 静かな試合スタートとなったが7分にネラッズーリがスーパーゴールでユヴェントスゴールをこじ開ける。左CKのクリアボールをマッテオ・ポリターノが拾って横にいたラジャ・ナインゴランにハイボールのパスを渡す。そして同ベルギー人選手はそのままダイレクトで豪快に叩き、シュチェスニーの手を弾いたボールはゴールネットに吸い込まれた。先制に成功したインテルの勢いを増していき、マティアス・ベシーノのラストパスからマウロ・イカルディ、左CKからステファン・デ・フライが頭で追加点を狙ったがシュチェスニーが好セーブで防いだ(12分)。反対にユヴェントスは18分、クリスティアーノ・ロナウドがおとしたボールをベルナルデスキが左足を一閃。ボールは凄まじい勢いでインテルゴールへ向かったが得点にはならなかった。試合にうまく入ったホームチームは迷いないパフォーマンスを見せながら、次のゴールチャンスを伺っていた。まずイヴァン・ペリシッチがゴールから25m離れた位置でシュートするがゴール左に外れた(24分)。その5分後の29分には決定的チャンスが生まれる:右CKのこぼれ球をイカルディがゴール前でシュートしたが、マテュイディにシュートブロックされて追加点とならず。攻撃の組み立てられないユヴェントスはクリスティアーノ・ロナウドが自ら持ち込みミドルシュートを打つ。だがゴールバーの上に外れる(31分)。前半終盤に差し掛かっても両チームは効果的な攻撃が作れず、スコアは1-0でハーフタイムとなった。

 両チーム交代カードを切らず始まった後半はネラッズーリがボールを動かして試合の主導権を握り始める。焦らず攻撃の機会を伺っていたインテルは57分、ペリシッチが強烈なミドルシュートで外側のサイドネットを揺らした。守備的にプレーしていたユヴェントスは62分に試合を振り出しに戻す:右サイドの崩しから最後はピャニッチのパスからクリスティアーノ・ロナウドが左足で弾丸シュートを放ち、GKサミル・ハンダノヴィッチは反応することが出来なかった。同点ゴールを許したインテルはペリシッチがイカルディのワンツーで抜け出して右足を振り抜いたが、シュチェスニーが止める(70分)。一方でユヴェントスはピャニッチ(77分)、エムレ・ジャン(79分)がインテルゴールを襲う。インテルも途中出場のジョアン・マリオ(80分)とラウタロ・マルティネス(84分)が果敢に勝ち越しゴールを狙うも得点とはならない。最後までユーヴェゴール前にボールを運んだインテルだが打開策が見つけ出せずに試合終了を迎え、今節のイタリアダービーは引き分けで幕を閉じだ。

 インテルの次節はウディネーゼ戦(日本時間5月5日3時30分)、来季チャンピオンズリーグ出場権争いの中にいるネラッズーリにとって勝利が必須となる試合だ。

 フォルツァ、インテル!

インテル 1-1 ユヴェントス(前半1-0)
得点者:
ナインゴラン(8分)、クリスティアーノ・ロナウド(62分)

インテル:1 ハンダノヴィッチ; 33 ダンブロージオ、6 デ・フライ、37 シュクリニアル、18 アサモア; 77 ブロゾヴィッチ、8 ベシーノ; 16 ポリターノ(15 ジョアン・マリオ 80分)、14 ナインゴラン(20 ボルハ・バレロ 74分)、44 ペリシッチ; 9 イカルディ(10 ラウタロ 82分)
ベンチ:27 パデッリ、5 ガリアルディーニ、11 ケイタ・バルデ、13 ラノッキア、21 セドリック・ソアレス、23 ミランダ、29 ダルベルト、87 カンドレーヴァ
監督:ルチアーノ・スパレッティ

ユヴェントス:1 シュチェスニー;23 エムレ・ジャン、19 ボヌッチ、3 キエッリーニ;20 カンセロ、16 クアドラード、5 ピャニッチ、14 マテュイディ(18 キーン 60分)、12 アレックス・サンドロ(37 スピナツォオーラ 49分);33 ベルナルデスキ(35 ペレイラ・ダ・シウヴァ 86分)、7 クリスティアーノ・ロナウド
ベンチ:21 ピンソーリョ、32 デル・ファヴェーロ、2 デ・シリオ、15 バルツァッリ、24 ルガーニ、41 ニコルッシ・カヴィーリャ
監督:マッシミリアーノ・アッレグリ

イエローカード:クアドラード、ペリシッチ、キエッリーニ、キーン
アディショナルタイム:0+3分

主審:バンティ
副審:ヴオト、マンガネッリ
4審判:ドヴェリ
VARマッツォレーニ、ランゲッティ

先発メンバー

Handanovic 1 1 Szczesny
D'Ambrosio 33 23 Can
de Vrij 6 19 Bonucci
Skriniar 37 3 Chiellini
Asamoah 18 20 Cancelo
Vecino 8 16 Cuadrado
Brozovic 77 5 Pjanic
Politano 16 14 Matuidi
Nainggolan 14 12 Alex Sandro
Perisic 44 33 Bernardeschi
Icardi 9 7 Ronaldo

ベンチ

Padelli 27 21 Pinsoglio
Gagliardini 5 32 Del Favero
Martínez 10 2 De Sciglio
Balde 11 15 Barzagli
Ranocchia 13 18 Kean
Joao Mario 15 24 Rugani
Valero 20 35 Pereira da Silva
Soares 21 37 Spinazzola
Miranda 23 41 Nicolussi Caviglia
Dalbert 29
Candreva 87

Choose the action and relive the game in every single detail.